映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョニー・デップの出世作

シザーハンズ


製作年度: 1990年 バートンとデップの初コンビ作品
監督・原案: ティム・バートン 脚本: キャロライン・トンプソン  製作総指揮: リチャード・ハシモト
キャスト: ジョニー・デップ/ウィノナ・ライダー/ダイアン・ウィースト/アンソニー・マイケル・ホール
      キャシー・ベイカー/ヴィンセント・プライス/アラン・アーキン
音楽: ダニー・エルフマン

 これまで、アメリカ・ニューシネマを中心に思い出に残る作品をレビューすることが多かったが、今や最も個性的な男優として、人気の高いジョニー・デップの出演作をレビューしていく。
 ”シザーハンズ”、この作品でティム・バートンは、初めてデップを採用し、この先理想的なコンビを作っていくことになる。デップにとっても彼の名を世に知らしめることになった記念作である。

 両手がハサミの人造人間が、街で巻き起こす騒動と、彼と少女との恋を描くSFフアンタジーである。
物語は、雪嵐の降る夜に孫を寝かしつけようとする祖母さんが、孫から『どうして雪が降るの?』と問われる所から始まる。お祖母さんが、雪にまつわる物語を語り始める。それが、両手がハサミの人造人間、エドワード(ジョニー・デップ)の話であった。

 この物語の始まり方は、ディズニーだ。日本の昔話も「昔々あるところに---」で始まる。
山の上にある幽霊屋敷のような研究所で、老発明家(ヴィンセント・プライス)が、人造人間を作り。何故彼の両手をハサミにしたのかは分らない。研究途中で発明家は亡くなってしまい、エドワードの手は、ハサミのままになってしまった。

 小さな町に住むボッグス一家は、夫ビル(アラン・アーキン)、妻ペグ(ダイアン・ウィースト)、高校生キム(ウィノナ・ライダー)、小学生ケヴィンの4人暮らしで、良心的な典型的なアメリカの家庭だ。町の風景も鮮やかな色彩で、家々もおとぎ話に出て来るようなディズニーの世界である。
 ペグは、化粧品のセールスをしてるが、新規開拓にと山の上の屋敷を訪ね、そこで出会ったエドワードに同情し、家へ連れて帰る。
 周囲からは奇異の目で見られていたエドワードだったが、彼にはハサミを利用して庭木を刈り込み、、彫像にする芸術家の才能があったり、近所の犬の毛や奥さん連中の髪をモダンにカットしたりで近所の人気者になっていく。
 ペグの娘キム(ウィノナ・ライダー>)に恋をするが、ハサミの手をした彼は、キムを抱くことが出来ない。
 
 これは、美しいラブストーリーでもあり、おかしくて哀しくて、詩的な夢幻世界に誘うハートフルなメルヘンである。どんなに愛していても、相手を傷つけてしまうこと。この映画では、それを身体的な形で見せているが、ハサミでなくても人には往々にしてあるものだ。ここに人の哀しさを感じる。
 そして、デップの表情が実に豊かだ。いや、全体に無表情だが、”目”の演技が素晴らしい。言葉にしなくても、キムを好きになった時の表情や、嬉しさ、楽しさ、哀しみをすべて目と体の動きで語っている。こういう心情をセリフなしで演じられるのが、デップの特徴だと思う。

 ハサミは、物を切るには便利なものだが、人を簡単に傷つけてもしまう。デップの哀しさは、この映画を観る我々のハートをも切り裂くのだ。

 クリスマスが近づいた夜、エドワードは氷で天使の彫刻をしていると、削った氷が雪のように舞う。その雪の中で踊るキムの姿は、幻想的な背景と共に美しい。しかし、やがて別れはやってくる。エドワードは、車に轢かれそうになったキムの弟を助けようとするが、逆にハサミで傷つけてしまう。町の人々の非難の中、エドワードは山の上の屋敷に逃げ込む。キムは皆にエトワードは死んだと告げた。
 
 実は冒頭の祖母はキムであり、数十年たった今も、エドワードはキムのために氷の雪を降らし続けているのだった。

 結局二人は結ばれなかった。しかし、雪が降るたびにお互いを想う心は、永遠に変わらない。雪に託した切ない愛のドラマである。
 
 デップのこれからの演技の幅を充分予感させる作品であった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。