映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真夜中のカーボーイ


1969年  アメリカ・ニューシネマ   都会に花咲くダーティ・ヒーロー
監督:ジョン・シュレシンガー  原作:ジェームズ・レオ・ハーリヒー  製作:ジェローム・ヘルマン
キャスト:ダスティン・ホフマン/ジョン・ボイト/シルビア・マイルス/ブレンダ・バッカロ
音楽:ジョン・バリー  主題歌:うわさの男(ニルソン)

 自分にとって、恋愛のバイブルが、”卒業”で、ギャング映画の古典が、”俺たちに明日はない”で、全く新鮮に感じた異色西部劇が、”明日に向かって撃て”なら、この”真夜中のカーボーイ”は、青春時代に、最も感動した映画である。

 ”卒業”で、ヒーローを演じたダスティン・ホフマンが、この映画では、180°役柄の違った、汚れ役を見事に演じている。相棒のジョン・ボイトの出世作でもある。これは、都会で、誰にも相手にされない二人の友情の物語である。

 テキサスの田舎でプレイボーイ気取りだったジョー・バック(ジョン・ボイト)が、単調な皿洗いの生活から抜け出し、都会で一旗揚げようと、ニューヨークにやってくる。
教養のない彼の武器は、カーボーイスタイルのファッションと自慢のルックスに男性自身。簡単に女性が引っ掛り、金になると思っていた。
 ところが、世の中そんなに甘くない。道行く誰もが、時代遅れの彼になど、目もくれない。声を掛けてくるのは、コールガールのみ、挙句の果ては、ホモの相手がいいところ。
唯一、彼を相手にしてくれたのは、街の鼻つまみ者で、ドブネズミのような生活をしているリッツォ(ダスティン・ホフマン)だけだった。リッツォはペテン師で、ジョーをペテンにかけるが、やがてお互い身寄りのない二人は、取り壊し寸前の老朽ビルの一室で、アブラムシと共に生活することになる。
 二人の間に友情が芽生えるが、荒んだ生活を続けてきたリッツォの病が進んでいく。彼の夢は、フロリダの太陽の下で、ココナツの汁を飲み、健康を取り戻すこと。ジョーは、彼のために金を稼ぎ、カリフォルニア行のバスに彼を乗せたがーーー。

 これは、虚飾に満ちた、病んだニューヨークの街で、時代感覚の遅れた青年と、ダーティーながら必死に生き抜こうとする男の友情の物語である。
 テキサスのジョーが、夜行バスでニューヨークに旅立つところで、ニルソンの主題歌が流れてくる。
”うわさの男”音は軽快で美しい。しかもそのメロディには、哀感が溢れ、陽気さの奥に”悲しい貧しさ”が、呼吸している。
 都会に立つ彼。群衆の中の孤独。欺きのネオンの明かりで眠らない街。人が溢れていればいるほど、孤独が胸を指す。大都会の孤独は、実に厳しく、冷たく迫ってくる。
本人自慢のカーボーイスタイルだが、都会の女はこんな田舎くさいファッションには、見向きもしない。
 知り合ったリッツォも、社会からあぶれ落ちた、人生の敗残者の死の影が漂っている。二人の男の何という友情の痛ましさ。
ダスティン・ホフマンの汚れ役とジョン・ボイトの人のいい田舎者のあんちゃん姿が実に意気投合している。監督のジョン・シュレシンガーは、イギリス人であるが、アメリカ人以上に、病んだアメリカを描き出し、二人の友情を巧みに引き出している。
 汚いマンハッタン風景の中から、高く香るものがある名作である。
ワールド・トレード・センター


2006年作品。あのニューヨーク・テロ事件9.11の実話を基にした社会派感動物。
監督:オリバー・ストーン 脚本:アンドレア・バーロフ
キャスト:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ
音楽:クレイグ・アームストロング 

 監督は、”プラトーン””J・F・K””ウォール街”等シリアスな社会問題を取り上げたら第一人者のオリバー・ストーン。2001年9月11日に実際に起きたニューヨーク・テロを見事に映画化している。

 その日、帰宅してテレビを見たら世界貿易センタービルに、突っ込むジェット機の映像が、生々しく映し出されていた。どのチャンネルも刻々と、状況をレポートする報道関係で溢れていた。
まるで映画を見ているような、繰り返されるビデオ映像は、実に衝撃的かつ、鮮烈なものであった。
あれからもう6年半経つというのに、未だにあの映像が心に深く残っている。

 この映画は、実際その現場に居合わせ、救出された警察官ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)や彼等の家族、友人の証言を元に作られた実話である。
マクローリンとヒメノも映画に出演している。

 2749名が死亡、その国籍は87ヶ国に及ぶ。343名の消防士、港湾職員の犠牲者は84名そのうち37名が警察官。ニューヨーク市警察の警官は23名。救出された者は20名であった。

 ビルが崩れ、瓦礫の下敷きになり身動きが出来ないながらもも、声を掛け合い、お互いを励ます2人の警察官。彼等の安否を気遣う家族。家族の心配をよそに、下敷きとなった2人の場面が静かに淡々と流れていく。絶望の中でも希望を失わない2人。そこに人間の強さと優しさ・思いやりを強く感じた。2人が救出されなければ、この映画はなかった。
 救出後、喜び合う家族や友人。見ず知らずの人々を命がけで救おうとする港湾職員や消防士。アメリカという国が、一つになった結束である。

 自分には、最近好きになった人がいる。まだ逢った事もない。環境の違いから一生逢えないだろう。
その人もこの映画を見ている。そして、感じた事は同じであろう。
家族の愛、友情と信頼。絶望の中での希望と勇気。逆境の時、人はどう行動できるか。自分は、果たして見知らぬ人のために、命を賭けられるであろうか。パニック時こそ、その人の本性が分かる。普段、口先でどんな立派な美辞麗句を並べようとーーー。

 この映画と言うより、9.11は、我々は決して忘れてはいけない。そして、この映画は、多くのことを教えてくれた。
 このレビューをまだ見ぬあの人に捧げたい。
タクシードライバー


1976年の社会派作品(ベトナム戦争の影響)
監督:マーチン・スコセッシ 脚本:ポール・シュレイダー
キャスト:ロバート・デ・ニーロ/シビル・シェパード/ジョディ・フォスター
音楽:バーナード・ハーマン 主題曲:タクシードライバーのテーマ

 マーチン・スコセッシとデ・ニーロが、初めてタグを組んだ作品。これ以来デ・ニーロは、スコセッシのお気に入り俳優となる。彼にとっての出世作である。

 自分の好きな映画のベスト3に間違いなく入るが、”ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ”といい、”ゴッドファーザー パートⅡ”といい、すべてデ・ニーロである。まさに最高の役者だと思う。

 ベトナム戦争帰りのトラヴィス(デ・ニーロ)は、目的を失い、毎晩眠れず、ポルノ映画館に入り浸っている。夜、眠れないならとタクシードライバーの職に就く。
 「いよいよ正規のタクシードライバーだ」と言う彼のセリフに虚無感を覚えた。
タクシードライバーの目から見た、病めるニューヨーク。そこには、色んな病んだ人々がいる。
乗車する彼らは、運転手など何とも思っていない。逆に、彼は彼等を観察する。彼の無表情さが何とも言えない。

 ただ街の中をタクシーで流すだけの彼の目に、ある日純白な美女、ベッツィー(シビル・シェパード)の姿が飛び込んできた。生まれて初めて、美しいものを見たような彼の目。その場で恋に落ちる。
念願のデートが叶った日に、彼女をポルノ映画に誘ってしまう。彼にとっては、初めてのデートでどうしていいかわからなかったのだ。
 タクシーで街を走る時に流れる、テーマ曲は最高だが、デートの最中に流れる”ベッツィーのテーマ”も実に良い。
振られた彼は、選挙事務所に彼女を訪ね、凶暴さの一端を披露してしまう。この彼の態度が、ラストの伏線になっている。

 この映画における、自分の好きな彼のつぶやき。
「毎日、同じことの繰り返し、タクシーに乗っていても、街中にいても、俺は常に孤独だ。絶え間ない孤独が俺を襲ってくる。でも、どこにも逃げ場はない。」
さらに、「ついに人生の目的が見つかった。もう戻ることはできない」

 そして、最後に彼が取る行動とその結末は? 素晴らしいストーリー展開だ。
背景には、ベトナム戦争の後遺症が流れている。

 さらにこの作品で、現在の大スター”ジョディ・フォスター”が、娼婦役の少女役ながら、可憐な姿を見せている。今日の美貌の片鱗を見た。(好きな女優の一人である)

 やはり、スコセッシ作品の文句ない最高傑作だと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。