映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ


 1984年 監督:セルジオ・レオーネ 原作:ハリー・グレイ 主演:ロバート・デ・ニーロ/
       ジェームズ・ウッズ/エリザベス・マクガバン
       音楽:エンニオ・モリコーネ/主題歌:アマポーラ(かわいい小さなケシ)

 自分がこれまで一番感動したというか、人生観を変えさせたのが、この作品である。
舞台は、マフィアが蔓延るきっかけとなった、アメリカ史上最悪の悪法と言われる”禁酒法時代”1923年から、30年代を中心に68年までの血塗られた男たちの欲望・野心、友情と裏切り、男女の愛憎、病めるアメリカの裏社会等が交差したロマンが謳われている。
 
 この映画で”宿命”と言うものを強く感じさせられた。
封切られてすぐ、映画館で観たが、帰りにサントラ盤のCDを買った。その後、レンタルビデオを借りたが、保存しておきたくてレーザーディスクも購入した。テレビでも観たし、映画未公開部分も収録したDVDの完全版も手に入れた。
 20年間で6回観ているが、自分の年代や、その時の心理状態によって受け取り方が違ってくる。暗い気分の時は、実に重くのしかかってくる。4時間近いが、長さを感じさせないし、6回も観ているとすべての情景を覚えている。特に、背景となっている”マンハッタン・ロウア・イースト・サイド”の街を”ウイリアムバーグ”を背に闊歩する5人の少年時代は、何度観ても良い。
 
 物語は、ニューヨークの貧しいユダヤ地区に育ったヌードルス(デ・ニーロ)、コックアイ、パッツィー、ドミニクの4人の悪ガキが、1923年、ヌードルス17才の時に、街に越してきたマックス(ジェームズ・ウッズ)と知り合い、知恵と力で暗黒街をのし上がっていく一大叙事詩である。
 少年時代に、仲間の一人ドミニクは、当時街を牛耳っていたチンピラに殺されるが、残った4人が、強い友情で結ばれ、結束を固めていく。
 ヌードルスの裏切りにより、3人は警官に射殺されてしまう。彼は、自分が裏切ったという罪悪感に悩まされ、30数年浅い眠りしかとれない。60才を過ぎた今、過去を振り返る。画面は、少年時代・青年時代と老年に差し掛かった現在とが、交差し、過去はテンポ良く進行するノスタルージーの世界である。そして、今はゆっくり進んでいく。
 
 場面ごとに実にマッチした音楽が流れる。冒頭、甘美なメロディーの中での非常な銃弾、若き日、ヌードルスが恋するデボラのためにレストランを借り切り、踊る場面で流れるアマポーラ、少年時代にもデボラのテーマは、至る所に流れてくる。過去のノストラジーに浸る場面でのイエスタディ。音楽と共に、素早く場面が切り替えられる。見事な3時代の転換である。自分が最も好きなのは、何とも悲しいオカリナを使った、全体のテーマ曲だ。
 
 ヌードルスは、過去を断ち切るために、模索し続けるが、最後に真実が判明し、アヘンを吸いながら、忘れていた安息を取り戻す。映画は、彼の微笑で終わるが、この笑顔が実にいい。17才の少年時代から激動の青年期を経て60才を超えた老年期までを演じたデ・ニーロの最高傑作だと思う。監督のセルジオ・レオーネは、イタリア系アメリカ人であるが、描かれているのは、ユダヤ人の世界だ。イタリア系マフィアを恐れさせた、ユダヤの結束。
 これは、単なるギャング・マフィア映画ではなく、友情や人生を見直させる作品である。

 
コメント
この記事へのコメント
詩乃さん
 自分にとって、ゴッドファーザー、タクシー・ドライバーと並ぶ、忘れられない作品です。

ご指摘の強姦シーン。主人公ヌードルスにとって、どうにもならない悲しいまでの”愛”の表現でしょうね。自分はチンピラ、相手は少女時代からの”高根の花”、今や大女優ですから。

丁度、私とあなたとの関係みたいにーーー。

2008/05/11(日) 17:57 | URL | kurimasa #-[ 編集]
この映画を観たのは 随分昔の まだ高校生の頃です。
強烈に印象に残ってるのが タクシーで強姦してしまうシーン・・・。
高校生の私には 難しい映画でしたが デ・ニーロの素晴らしさには魅了されました。
今の年齢で観てみると いろんな部分が見えると思いますので また 観たいと思います!
2008/05/11(日) 17:11 | URL | 詩乃 #-[ 編集]
こんばんは!
中々おもしろそうな映画ですね。
私もデ・ニーロは好きな俳優の一人です。
機会があったら見ようかなァ~
2008/02/12(火) 23:18 | URL | black #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://movieno1.blog17.fc2.com/tb.php/6-a40a22a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。