映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョニー・デップという役者

ジョニー・デップ

 ケンタッキー州オーウェンズボロにて、土木作業員の父・ジョン・クリストファー・デップとウェイトレスの母・ベティ・スー・パーマーとの間に生まれる。4人兄妹の末っ子で9歳上の兄ダン、7歳上の姉デビーと2歳上の姉クリスティーがいる。フランス人、アイルランド人、ドイツ人、チェロキー族の血を引く。
 両親が離婚し、子供時代はストレスのために自傷行為を繰り返したという。12歳で酒を飲み始め、14歳の頃からドラッグに手を染めるなど、どん底とも言える青年時代を送った。しかし、親友との死別をきっかけに足を洗う事を決意し、16歳の時に高校を中退しミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。

 ロックグループ「The Kids」をリードギタリストとして率い、イギー・ポップの前座も務めた。バンドは商業的に成功を収め、さらに活動を本格化させるべくロサンゼルスに活動拠点を移し「Six Gun Method」と改名し様々なバンドとコラボレーションを行った。

 20歳の時に25歳のメイクアップ・アーティストのロリ・アン・アリソンと結婚し、彼女の元恋人であったニコラス・ケイジと知り合っている。ケイジから俳優への転身を勧められた。その後友人の付き添いとして足を運んだオーディションの会場で出演の打診を受け、1984年にホラー映画『エルム街の悪夢』で初出演。その後『プラトーン』の端役などで経験を積んだ。

 初の主演作品は、1987~90年のテレビシリーズ『21ジャンプ・ストリート』である。(一部DVD化されている。)
        ( http://movieno1.blog17.fc2.com/page-4.html 参照)

 この作品が彼の出世作となるが、デップはアイドル化される事を嫌い、活動の場を映画のみとすることに決めた。

 1985年の青春コメディ『マイアミ・ホット・リゾート』や初の主演作品といえる1990年の青春ミュージカル『クライ・ベイビー』の頃は、普通のアイドルスターであったが、彼の名を一躍有名にしたのが、同じ1990年の『シザー・ハンズ』である。この作品こそ彼の出世作であり、現在のデップの原点だと言えよう。この作品でティム・バートンは、初めてデップを採用し、この先理想的なコンビを作っていくことになる。
”愛”をテーマにしたファンタジーであり、個性的でユニークなデップのデビュー作である。
        ( http://movieno1.blog17.fc2.com/page-6.html 参照)

 続く'92年の『アリゾナ・ドリーム』では、母と娘を同時に愛する役、'93年の『妹の恋人』はデップらしさを充分に発揮した作品であり、チャップリン風のパフォーマンスを披露してくれる。自分は、同年の『ギルバート・グレイブ』が好きな作品であるが、ここでは彼の弟役で障害者を演じる子役のレオナルド・ディカプリオの演技の方が光っている。ここでのデップは優等生の兄役を淡々と演じている。
翌'94年の『エド・ウッド』は、監督ティム・バートンとの2度目のコラボで、風変わりな映画監督役として、デップの演技が異彩を放っている。
        ( http://movieno1.blog17.fc2.com/page-5.html 参照)

 '95年には、『ドンファン』、『デッドマン』、『ニック・オブ・タイム』と3本も主役出演し、それぞれデップの魅力を充分に発揮している。
'97年の『フェイク』も好きな作品で、実在のFBI捜査官を鬼気迫る演技で演じ、名優アル・パチーノとの友情が哀しくも美しい。

 '99年はデップ作品の当たり年で、『ブレイブ』では、ネイティブ・アメリカンを演じながら監督デビューまでしている。その他、バートンとの3度目のコラボ作品となる『スリーピー・ホロウ』を始め、『ノイズ』、『ナインス・ゲート』という3本のサスペンスに挑戦している。
        ( http://movieno1.blog17.fc2.com/page-3.html 参照)

 2000年に入っての『ショコラ』、『夜になるまえに』、『耳に残るは君の歌声』は、デップ主演映画とは言えずパッとしなかったが、'01年の『ブロウ』では、実在のドラッグ売人を見事に演じ、『フロム・ヘル』では、切り裂きジャックを追う異色警部になりきっている。
        ( http://movieno1.blog17.fc2.com/page-2.html 参照)

 そして、'2003年には、『エル・マリアッチ・シリーズ』の最終章である『レジェンド・オブ・メキシコ』とあの『パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ』が始まっている。海賊ジャック・スパロウは、まさにデップのハマリ役であり、このシリーズでデップの名は、不動のものとなった。
        ( http://movieno1.blog17.fc2.com/page-1.html 参照)

 '04年には、感動作『ネバーランド』と彼の主演作品で自分が最も好きなミステリーの傑作『シークレット・ウインドウ』で、脂の乗り切った演技を見せている。
'05年には、『リバティーン』とファンタジーな『チャーリーとチョコレート工場』で、バートン&デップのコンビが、4度目のコラボを組んでいる。デップが声だけの出演をしているアニメ『コープス・ブライド』が5回目。
'07年には、本格的なミュージカルである『スウィーニー・トッド』で鬼気迫る悪魔の理髪師を演じている。これが、バートンとの6回目のコラボ。
'09年は、『パブリック・エネミーズ』『Dr.パルナサスの鏡』2作品であるが、自分はどちらもあまり好きではない。'10年の『アリス・イン・ワンダーランド』と共に、期待を裏切った作品であった。
デップらしさが漂っている作品は、自分にとっては『スウィーニー・トッド』が最後の作品である。『パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ』も引っ張り過ぎの感がする。

 デップの魅力とは何であろう?一番は、その役に成り切る事であり、色んな役が出来るという事である。奇想天外なファッションやパフォーマンスも自然だ。観客は、演じているという事を忘れ、どんなキャラクターでも彼をそのままに受け入れてしまうのだ。海賊ジャック・スパロウや帽子屋マッド・ハッターやチョコレート工場主のウィリー・ウォンカ氏など、大袈裟な役作りもあるが、そのストレンジさが彼なら自然に見えるのだ。
出演ジャンルも、ラブストーリーから感動物、コミカル、サスペンス、アクション、SF、社会派、ミステリーと幅が広い。実在の人物を演じる事も難しいと思われる。普通の庶民、ヒーロー、道化役者、悪役と何でもこなすし、人間的にも多面性を持っている人物だと思う。要するに、無理やりジャンルにくくれない珍しい役者だ。

 あとは、目の動きが素晴らしい。その目だけで喜怒哀楽が分かり、目の動きだけで演技が出来る数少ない役者だと思う。

 次回作では、どんな役に挑戦してくれるのか、我々に期待感を抱かせる役者である事は間違いない。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/22(水) 15:25 | | #[ 編集]
「映画ベース」のご案内
映画DVDでお茶の間映画館 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のレビューサイトを開発しており、
是非映画に関心のある方からレビューの投稿や、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂ければと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


まだまだ立ち上げたばかりの未熟なサイトですが、
一度サイトにお越し頂き、
ご利用をご検討頂けますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------
2013/04/27(土) 13:58 | URL | 紀平 光太 #-[ 編集]
なおやんさんへ
コメ有難うございます。
最近は全然更新していないのに、有難うございます。
DVDを2000枚以上、保有しているので、紹介したい作品は沢山あるのですがーーー。
2012/05/24(木) 17:13 | URL | kurimasa #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして、なおやんと申します。
早速ですが、ブログを拝見しました。
とても素晴らしく、良いブログです。
これからも良いブログをよろしくお願いします。
2012/05/24(木) 09:51 | URL | なおやん #-[ 編集]
Re: 相互リンクご掲載のお願い
リンクしました。
最近は更新をしていないけれど、自分のブログの紹介もお願いします。
2012/05/10(木) 22:51 | URL | kurimasa #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/10(木) 16:11 | | #[ 編集]
hirokit123さんへ
コメ有難うございます。
最近は全くブログ更新ができていませんが、紹介したい映画は山ほどあります。
DVD2000本以上保有しています。
「狼たちの午後」も好きな作品です。
今後も映画について語り合いましょう!
2012/03/05(月) 21:30 | URL | kurimasa #-[ 編集]
すんごい文章量ですねぇ、。。。ジョニーデップかっこいいなぁ


映画が好きすぎるのでブログ始めました。
【死ぬまでに観たい映画1000】
http://shinumadeeiga.jugem.jp/

ぜひともよろしくお願いしますー!
2012/03/05(月) 17:06 | URL | hirokit123 #-[ 編集]
デップ大好きv-238
2012/02/17(金) 16:17 | URL | サトシ #mQop/nM.[ 編集]
たぬきちさんへ
自分も”スリーピー・ホロウ”は好きな作品ですが、デップを一躍有名にしたのは、”シザー・ハンズ”です。
今ではすっかり、海賊ジャック・スパロウのイメージが定着していますね。
確かに、演技の幅が広い役者ですが、2度見たい作品がないことも事実です。
2011/12/25(日) 21:20 | URL | kurimasa #-[ 編集]
ジョニーデップという役者さんはスリーピーホロウで知りました

今ではすっかりジャックスパロウが定着してて

でも、小説の盗作?の映画のやつとか、演技の幅がありますよね
かっこよすぎます!
2011/11/07(月) 11:12 | URL | きゅー #SFo5/nok[ 編集]
やっぷるさんへ
デップ出演の作品は全部保有しているので、「ツーリスト」もDVDで保存します。
2011/03/21(月) 08:26 | URL | kurimasa #-[ 編集]
自分もジョニーデップ・好きです!アンジェリとの共演作。ツーリスト面白そうですね(^_-)-☆
2011/03/14(月) 02:29 | URL | やっぷる #Tynb/gRk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。