映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティム・バートンが、ルイス・キャロルの『不思議の国

のアリス』に斬新な脚色をほどこした作品


アリス・イン・ワンダーランド

製作年度: 2010年 不思議の国のアリスの“その後の冒険”の完全オリジナル・ストーリー 
監督: ティム・バートン 製作総指揮: クリス・レベンゾン 製作: ティム・バートン/リチャード・D・ザナック/ジョー・ロス/スザンヌ・トッド/ジェニファー・トッド 原作: ルイス・キャロル 
脚本: リンダ・ウールヴァートン 音楽: ダニー・エルフマン
キャスト: ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アン・ハサウェイ/アラン・リックマン/マイケル・シーン/クリストファー・リー/クリスピン・グローヴァー/マット・ルーカス/スティーヴン・フライ

 舞台は、1855年のロンドン。19歳のアリス(ミア・コシユウスカ)は、今でも不思議な世界の夢を見る。ある日、アリスは退屈な男ヘイミッシュからプロポーズを受けるが、周囲の祝福ムードにも、まったくその気になれない。洋服を着たウサギを追いかけ、小さな穴にもぐりこむと、そこは、アンダーランドと呼ばれる不思議の国だった。太った双子や白ウサギなど、不思議な生き物たちに、暗黒の時代となったアンダーランドを救うため、独裁者の赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)と闘って欲しいと懇願されるアリス。戸惑いながらも、やがて帽子屋マッド・ハッター(ジョニー・デップ)に引き合わされ、一緒に戦う決心をするが…。

 ティム・バートンのイマジネーションによって生み出された不思議な国には、個性豊かな住人たちが登場するが、奇天烈な格好をしたマッド・ハッターのインパクトはもちろんのこと、赤の女王を演じたボナム=カーターの怪演が凄まじい。

 この作品は、誰しも一度は読んだであろうルイス・キャロルの名作、『不思議の国のアリス』の続編で、主人公のアリスは、幼い頃にこの地で冒険を繰り広げたことを、すっかり忘れている。19歳になって、アンダーランドの救世主となって赤の女王と対決する事になる。
この辺は、ピーターパンの話につながる。
 
 アリスを呼び寄せた白ウサギ(声:マイケル・シーン)といい、芋虫のアブソレム(声:アラン・リックマン)など大物俳優が声だけで出演している。
それにしても特筆すべきは、バートン監督の恋人と言われるボナム=カーターの怪演である。彼女は、「チャリチョコ」でも「スウィーニー・トッド」でもデップと共演しているが、これまで何度もアカデミー主演女優賞やゴールデングローブ賞にノミネートされてきただけの事はある。
自分は、当代きっての演技派女優だと思っている。
 映画というのは、正義の主人公よりも、特徴ある悪役の演技で面白さが決まるというのが、自分の持論であるが、この作品も彼女の出演がなければ単なるお伽噺で終わってしまったと思う。

 デップは相変わらず、ストレンジな役の方が似合う男優である。「シザー・ハンズ」しかり、「妹の恋人」「エド・ウッド」「ノイズ」「スリーピー・ホロウ」「シークレット・ウインドウ」、「チャリチョコ」、「スウィーニー・トッド」など、フリークな役の方が合っている。正統派の前作「パブリック・エネミーズ」のような作品は、誰でも演じられる気がして、デップらしさが出ていないと思った。(すべて自分のブログで紹介済み)
 今回も、帽子屋マッド・ハッターという名前のごとく、マッドぶりを発揮している。
全体的には、ストーリーは子供向けの単純な勧善懲悪となっている。(同じ勧善懲悪でもチャリチョコの方が深い中身が合った)。まあ、ディズニー映画という事から、童心に帰り、子供の視点から見なければならない作品であろう。
 むしろこの作品は、ストーリーで見るのではなく、バートン独自のオリジナリティなアート感覚の映像美にあり、3D全盛時代の象徴的作品といえるであろう。
音楽も、相変わらずダニー・エルフマンは、ファンタジーの世界を演出する第一人者だと思う。

コメント
この記事へのコメント
不思議の国のアリスの続編に
興味があるので今度見てみます。

2011/08/29(月) 11:05 | URL | ラブ #-[ 編集]
デーヴでした。
色付きの文字色付きの文字
こんにちは。ご記憶にありますでしょうか?ココッチです。探し求めていた映画がみつかりましたv-363
タイトルは、デーヴです。
ご存じでしょうか?
ストーリー以外は、私の記憶は全くデタラメでした。申し訳ありません。
でも、みつかってスッキリしましたv-442
お騒がせいたしました。
ご報告でしたv-298
2011/04/18(月) 11:24 | URL | ココッチ #-[ 編集]
ココッチさんへ
ジェームズ・クロムウエルは、映画よりもテレビドラマ出演の多い役者ですから、多分そうだと思います。

今後も色々聞いて下さい。
2011/02/24(木) 00:55 | URL | kurimasa #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/24(木) 00:33 | | #[ 編集]
Re: この映画ではないのですが。。。
ココッチさん、お問い合わせ有難うございます。
自分は、DVDを洋画・邦画・音楽を併せて2000枚近く保有していますが、残念ながらお問い合わせの作品に記憶がありません。
ストーリーからはよくありそうな作品ですが、ジェームズ・クロムウエルではないですね。彼の出演作品で大統領がらみには、ジョージ・W・ブッシュの伝記映画「ブッシュ」がありますが、ストーリーは全然違います。
お力になれず申し訳ありませんが、おそらく映画ではなくテレビドラマだと思われます。

2011/02/22(火) 19:16 | URL | kurimasa #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/22(火) 12:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。