映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーを演じるデップ

パブリック・エネミーズ


製作年度: 2009年 1930年代前半の大恐慌時代、全米初の「社会の敵ナンバーワン」と言われた男
監督: マイケル・マン 製作総指揮: G・マック・ブラウン/ジェーン・ローゼンタール
製作: ケビン・ミッシャー/マイケル・マン 脚本: ロナン・ベネット/マイケル・マン/アン・ビダーマン
原作: ブライアン・バーロウ 音楽: エリオット・ゴールデンサール 主題歌: バイバイ・ブラックバード
キャスト: ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブン・ラング/ジョバンニ・リビシ/ロリー・コクレイン/デビッド・ウェンハム/スティーブン・グレアム/ジョン・オーティス/チャニング・テイタム/ジェイソン・クラーク

 アメリカ大恐慌の1933年から34年にかけて、FBIをして「社会の敵ナンバーワン」と言わしめた実在のギャング”ジョン・デリンジャー”。この物語は、銀行強盗を繰り返しながら逃亡生活を続けるデリンジャー(ジョニーデップ)一味とそれを追うメルビン・パーヴィス捜査官(クリスチャン・ベール)との男の戦いである。
 
 デリンジャーに関しては、1973年のジョン・ミリアス監督、ウォーレン・オーツ主演「デリンジャー」で映画化されている。自分は、ハッキリ言ってこちらの方がずっと良かった。白昼の銃激戦、スリリングな逃亡劇も「パブリック・エネミーズ」よりもずっと迫力があったし、シリアスであった。デリンジャーとビリーとの恋も自然であったし、実際のビリーは、インディアンの混血である。マリオン・コティヤールはフランス人だし、美男美女の組み合わせは、実話とはかけ離れている。
大体デップがカッコよすぎるのだ。実際のデリンジャーは、もっと泥臭い。映画「デリンジャー」では、メルビン・パービスとフーバー長官の確執も上手く描かれていたし、プリティ・ボーイ・フロイドやベビー・フェイス・ネルソンなどの実在人物たちも生き生きと描かれていた。

 美男美女には、大根役者が多いとよく言われる。この作品におけるデップのカッコ良さにはそれを感じてしまった。自分は、実話に近いシリアスな作品が好きなので、この作品はかっこよく作られ過ぎていると思った。
追う者と追われる者の駆け引きに緊迫感が感じられず、捕まるときはあっさり捕まって、脱獄も簡単すぎる。男のドラマというより、全編に甘さが漂うラブストーリである。

 デリンジャーは、義賊として庶民には人気があった。もっとデップには実在のデリンジャーの様々な人間性を見せて貰いたかった。毎回デップの演技力をほめてきた自分であるがこの作品に関しては、カッコいいだけで、性格俳優として魅せる演技はなかったように思う。
 
 ギャング・マフィア物、あるいは社会性の強い作品を好む人には是非、1973年の「デリンジャー」を勧めたい。残念ながらDVD化はされていないがーーー。

 最後に、全編に流れる”バイバイ・ブラックバード”という曲であるが、1926年にモート・ディクソン作詞、レイ・ヘンダーソン作曲のジャズナンバーであるが、何人かの歌手によって歌われたが、あまりヒットしなかったらしい。大きくクローズ・アップされたのは、マイルス・デイヴィスが1950年代後半にレパートリーにとりあげてからだという。ペギー・リーマリリン・モンローオリビア・ニュートン・ジョンも歌っている。

 時代に取り残されていく、デリンジャーの気持ちが歌われているのであろうか。

全ての心配と悲しみを拾って
さあ行こう 静かに歌いながら
バイバイ・ブラックバード
僕を待つ人の所へ
砂糖のように甘い彼女の所へ
バイバイ・ブラックバード
ここには僕を愛してくれる人も理解してくれる人もいない
ほんとについてないことばかり みんな持ってくる
ベッドを準備して灯りを点けて
今夜遅く着くから
ブラックバード・バイバイ

 バイバイ・デリンジャー(パブリック・エネミーズ!)
 
コメント
この記事へのコメント
sehaさんへ
「デリンジャー」と「パブリック・エネミーズ」とは切り口が違います。
前者は、史実に忠実で、一人一人の人物像に焦点が当てられています。

後者は、デップのカッコよさだけが強調されているラブストーリーです。

ジャンルで言えば、前者が社会派、後者は恋愛物でしょうね。
2011/02/20(日) 08:31 | URL | kurimasa #-[ 編集]
「デリンジャー」
「パブリック・エネミーズ」は見ていませんが、
ジョン・ミリアス監督の「デリンジャー」は見ました。
たいへんかっこいい映画だった。また見たいですね。
2011/02/20(日) 05:24 | URL | seha #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。