映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ裏社会に君臨した男、ジョージ・ユング

ブロウ

製作年度: 2001年  ドラッグ・マーケットを描いた、アメリカン・カルチャーの舞台裏       
監督: テッド・デミ  製作総指揮: ジョルジア・カサンデス  製作: テッド・デミ/デニス・レアリー/ジョエル・スティラーマン  原作: ブルース・ポーター  脚本: デイヴィッド・マッケンナ/ニック・カサヴェテス  音楽(挿入曲): ローリング・ストーンズ/クリーム/フェイセズ/マンフレッド・マン/ボヴ・ディラン/レイナード・スキナード/KC&ザ・サンシャイン・バンド/マーシャル・タッカー・バンド他
キャスト: ジョニー・デップ/ペネロペ・クルス/ポール・ルーベンス/フランカ・ポテンテ/レイチェル・グリフィス/レイ・リオッタ

 デップが演じるジョージ・ユングとは、1970年代に実在した麻薬ディーラーである。つまり、この作品は実話を元にアメリカ裏社会を描いた、アメリカンカルチャーの舞台裏ドラマである。
監督のテッド・デミは、若くして伝説的な麻薬ディーラーにのし上がったユング(ジョニー・デップ)の驚くべき、かつ人間的な一代記を描く事で、アメリカンドリームや悲痛な愛のドラマを引き出している。
これは、単なる「麻薬撲滅運動」のメッセージやコカインを巡るアクションの素材とは、異にした人間ドラマである。

 ”ブロウ”とは、マリファナやコカインなどのドラッグ吸引を意味する俗語であるが、人生の満開状態でもあり、また奈落への運命の一撃をも意味している。

 幼少時代、極貧を経験したジョージ・ユングは、1960年代後半、カリフォルニアでドラッグの密売をはじめ、みるみる商才を発揮してのし上がってゆく。一時は、投獄されながらも、獄中で裏社会の大物に出会い、彼の信頼を得たことで、ユングの名はますます轟くことになる。70年代後半、彼の提供するコカインはバブル期のアメリカにおいてパーティー・ライフの必需品と化した。またその頃、マーサ(ペネロペ・クルス)に出会い、2人は結ばれ娘をもうける。成功してからの彼は、裕福で派手な生活をしていたけれど、不安定であったし、後ろめたさと一緒に生きていた。

 結局、ユングの人生は、80年代に入ってから凋落していく。彼は熱烈に娘を愛するが、足を洗おうとしても裏社会から抜け出せず、何度も服役し、妻と娘の愛を失う。晩年、彼が気付く「家族の大切さ」。それは、彼がいくら大金を手にしても、手に入れられなかった本当の幸せである。「金なんて幻だ」と言った父親の言葉が実に印象的だ。この父親の言葉を理解するまでに、何十年もの歳月を要し、「命を浪費してきた」と悔いることになるユングの人生は、あまりに切ない。
 彼は今も実際服役中。2014年までの服役となっている。ある日、初めて面会に来てくれた娘を抱きしめるのだが、それは幻だった。

 若き日のユングを演じるデップ。60年代に流行したマッシュルームカットが良く似合い、セクシーである。
自分のレビューでもこれまで紹介した”エド・ウッド”と”フェイク”に続き、実在の人物を演じたデップであるが、無理なくそれらの人物に成り切ってしまうのが、彼の妙である。しかも、重々しくならず自然にクールに演じる所が、カメレオン役者と称される由縁であろう。

 一方、ユングの妻マーサを演じるペネロペ・クルスも自分の好きなサルマ・ハエックと並ぶスペイン系美人女優である。トム・クルーズやニコラス・ケイジなどの大物男優と共演している。

 この作品は、アメリカの70年代を背景にしているが、この時代にコカインが急速に広まった理由として、相次ぐ要人の暗殺、ベトナム戦争の泥沼化などによる60年代の閉塞感から逃れるためのマリファナというドラッグから、より洗練されたイメージを持ち、かつ、より危険なドラッグが好まれるような「カウンター・カルチャーの成熟」が挙げられると思う。
 時代は、喧騒な60年代、荒削りなものから宴の後として、洗練されたものや肩の力を抜いたものを求める時代へと移行していったのである。

 ユングが、ドラッグ・ビジネスの成功への第一歩を踏み出したのは、解放感に溢れたウエスト・コーストの地であった。当時の西海岸は「アメリカン・ニューシネマ」時代に入りつつあったハリウッド映画産業界や音楽界でも多くのシンガー・ソングライターを生みだした。その背後にドラッグ・カルチャーがあった事は、広く知られている事実である。
「アメリカン・ニューシネマ」の代表作”イージー・ライダー”は、コカイン取引から始まっているし、70年には、ロックの女王ジャニスジョプリンやドアーズのジム・モリソンが、ドラッグの摂取過剰で、この世を去っている。
 
 ジョージ・ユングの旅は、60年代の純真さから70年代の退廃、そして80年代以降の報いと償いへと続いた。こうした変遷を演じるデップ。全編に流れるロックの音楽と共に、まさに自分が生きてきた時代を一大叙事詩として語り尽くした作品である。
コメント
この記事へのコメント
シンさんへ
訪問有難うございます。
今後も宜しく!
2010/01/04(月) 14:33 | URL | kurimasa #-[ 編集]
始めまして。自分は精神障害をかかえて日々闘病中のシンと申します。自分も最近ブログを始めました。自分の闘病記にしたいと思います。ブログのランキングで上位の方のブログを見てどうしたらこのようなブログが出来るか勉強させて頂いてもよろしいでしょうか?まだ再開して間もない日記ですが、闘病記やネットビジネスや面白裏情報や日々の出来事を書かせてもらってます。良かったら一度遊びに来てやってくださいm(__)mつまらなかったらご指導頂ければ幸いです。

http://blog.livedoor.jp/dreamcatchshin-zibunsagashi/

今後とも勉強させて頂きます。よろしくお願い致します。

応援ポチ。
2010/01/04(月) 07:41 | URL | シン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。