映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父と娘と歌の記憶

耳に残るは君の歌声

製作年度: 2000年  ユダヤ人の娘が激動の時代を渡り歩いてゆく大河ドラマ     
監督: サリー・ポッター  製作総指揮: ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー  
製作: クリストファー・シェパード  脚本: サリー・ポッター  音楽監修: サリー・ポッター
キャスト: ジョニー・デップ/クリスティーナ・リッチ/ケイト・ブランシェット/ジョン・タトゥーロ/オレグ・ヤンコフスキー/ハリー・ディーン・スタントン

 1927年のロシア。ユダヤ人の少女フィゲレは、村を襲った暴動から逃れ、父親(オレグ・ヤンコフスキー)とも別れて、ロンドンへ。スージーと名付けられた彼女(クレスティーナ・リッチ)は、10年後、コーラス・ガールとしてパリで働くことになった。やがてジプシーの青年チェーザー(ジョニー・デップ)と恋に落ちる。
だがナチスによる第二次大戦の影が、パリにも迫ってきた。チェーサーと別れたスージーは、ハリウッドに父を探す旅に出て、苦難の末に瀕死の老人となっていた父と再会するという感動のドラマである。

 しかし、映画は淡々としており、スムーズな流れにもなっていない。画面にも色彩がなく、戦時下という事か暗い。その割には、第二次大戦時の戦争の背景も強く伝わって来ない。テーマは、大きいが印象に残らない作品であった。
タイトルとデップが出演しているというだけで、作品に期待した自分は、がっかりした。
デップの登場シーンも少なく、ほとんど印象に残らなかった。

 自分は、ジョニー・デップ出演作品について、時代を追って書いているため、この映画も取り上げたが、ハッキリ言って、デップの作品の中では最低だと思う。

 わずかに、幼くして父と別れた娘が、瀕死の父と再会する場面が感動的であった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。