映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔の書を探す本の探偵役を演ずるデップ

ナインス・ゲート


製作年度: 1999年  暗黒世界に呑まれていく本の探偵の姿を描いたオカルト・サスペンス     
監督: ロマン・ポランスキー  製作: ロマン・ポランスキー  原作: アルトゥーロ・ペレス・レベルテ
脚本: アンリック・ユルビズー/ジョン・ブラウンジョン/ロマン・ポランスキー  
音楽: ヴォイチェフ・キラール 
キャスト: ジョニー・デップ/フランク・ランジェラ/レナ・オリン /エマニュエル・セニエ/バーバラ・ジェフォード/ジャック・テイラー/トニー・アモニ/ジェームズ・ルッソ/ホセ・ルイス・ロペロ


 悪魔の研究家としても名高い収集家ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)の依頼を受け、稀覯書発掘人である本の探偵ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)は、1666年発表の伝説の悪魔祈祷書『影の王国への九つの扉』を探すことになった。世界に3冊しか現存しないというこの本の1冊を入手したバルカンは、コルソに残る2冊を見つけて真贋を鑑定してほしいというのだ。

 世界に3冊しかない「悪魔の書」を探してコルソが訪れる、ニューヨーク、トレド(スペイン)、シントラ(ポルトガル)、パリなどが、ヨーロッパの風光明媚な風景に独特の陰影を加えてスクリーンに映し出され、いかにもミステリーの舞台にふさわしい雰囲気を演出している。
本の所有者の住居も、本物の城や退廃した貴族の屋敷であり、それらも独特の重厚感や幻想的な雰囲気を醸し出している。
 コルソに付きまとう謎の女性の正体とその目的は?
彼は、書に隠された秘密の鍵を手に入れるが、本の所有者が次々殺され、謎は深まるばかりである。

 悪魔崇拝の儀式やら、常識では理解出来ないシーンも多く、謎が謎として解き明かされぬままラストを迎えるなど、消化不良的要素は強いが、ロマンスキーの演出とデップの鬼気迫る演技とは一見の価値があろう。
理屈では割り切れぬ作品である。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。