映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バートン&デップコンビの第3弾

スリーピー・ホロウ


製作年度: 1999年 伝説の首なし騎士による連続殺人事件に挑む捜査官を演じるデップ   
監督: ティム・バートン  製作総指揮: フランシス・フォード・コッポラ/ラリー・フランコ
原作: ワシントン・アーヴィング  脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー 音楽:ダニー・エルフマン
キャスト: ジョニー・デップ/クリスティーナ・リッチ/ミランダ・リチャードソン/マイケル・ガンボン/キャスパー・ヴァン・ディーン/イアン・マクダーミッド/クリストファー・リー/クリストファー・ウォーケン

 ニューヨーク郊外の呪われた村「スリーピー・ホロウ」で起きた謎に満ちた連続殺人事件。被害者は皆首を切られ、しかもその首は行方不明。犯人は?そしてその目的は?何故首が?

 この不可解なミステリーホラーの原作は、ワシントン・アーヴィングの古典『スリーピー・ホローの伝説』である。
原作は読みごたえのあるミステリーサスペンス&ホラーで、これを鬼才ティム・バートンが映画化した。製作総指揮は、フランシス・フォード・コッポラ。主演は、連続殺人事件に挑む捜査官役のジョニー・デップと、何とも豪華な顔ぶれである。謎解きの面白さを存分に味あわせてくれる。

 ときは1799年。ニューヨーク市警のイカボッド・クレーン(ジョニー・デップ)が、連続殺人事件の起こった村「スリーピー・ホロウ」にやって来る。古くからの恐ろしい因習に囚われた村の人々は、犯人がかつてこの村で首を切られた騎士の亡霊だと信じていた。
村を仕切る長老たちの怪しげな行動、森の奥深くにそびえ立つ「死人の木」、そして、実際に姿を現した「首なし騎士」。クレーンはやがて、「首なし騎士」の背後にいる黒幕の存在を嗅ぎつける。しかし、村人たち全員が血縁関係にあるというこの村では、調べれば調べるほど、すべての人間が怪しく見えてくるのだった。

 この作品は、不気味な雰囲気を強調するコントラスト鮮やかな背景に、衣装の色彩を強調した美しい映像から成り立っている。ゴシック的な雰囲気の中に、アート的感覚と娯楽性が見事に調和している。

 森の奥深くでクレーンは、「死人の木」を発見するが、この木は「首なし騎士」の休息の場所であり、この世とあの世の境界線になっている。
 息を飲むシーンは、首を切られて死んでいく村人たちだ。これまで見た事のない首の切られ方であった。

 「首なし騎士」は、アメリカ独立戦争時に、頭を失った騎士の亡霊がスリーピー・ホロウを馬で駆け抜けて行くという伝説で、ディズニーにも登場する古典的キャラだが、この非現実性を現実に起こりうるという気になって来る。
自分は、物語の展開を全く読めなかったが、現実と非現実の境界線を見事に演出している作品と言える。
バックの美しい音楽と背景の映像が、より恐怖感を煽り、神秘的な世界へ観客を誘うであろう。

 見る者を古典的伝説の世界に入り込ませるこの作品は、怪奇映画なのか、ミステリー、サスペンス、ホラー、はたまたファンタジーなのか、それらのジャンルでは括れない、風変わりな印象深い作品である。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。