映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デップの異色SFサスペンス・ホラー

ノイズ

製作年度: 1999年  夫が一人深夜に聞く、ラジオからのノイズとは?   
監督: ランド・ラヴィッチ  製作: アンドリュー・ラザー  脚本: ランド・ラヴィッチ  音楽: ジョージ・S・クリントン 
キャスト: ジョニー・デップ/シャーリーズ・セロン/ジョー・モートン /クレア・デュヴァル/ ドナ・マーフィ/ニック・カサヴェテス

 1999年には、デップ主演の作品が数多く生まれているが、シャーリーズ・セロンと共演したこの作品もそのひとつである。
 宇宙から帰還した夫。双子を妊娠した妻。そしてラジオから聞こえてくる恐怖のノイズ。新感覚のSFサスペンス・ホラーである。

 物語は美しい宇宙空間から始まる。地上に愛する妻のジリアン(シャーリーズ・セロン)を残し、スペース・シャトルに乗り込んだ、NASAの宇宙飛行士スペンサー・アマコスト(ジョニー・デップ)。ヒューストンとシャトルとの間の交信が途絶えた空白の2分間。この間にスペース・シャトルの宇宙飛行士に何が起こったのか?

 この映画は、こういった疑問を最初から観客に投げかける。宇宙空間の美しさと対比する、ジワジワと来る暗黒の幕開けである。この辺のカメラワークを中心とした演出がうまい。
交信が途絶える前に、「あれは何だ」と叫んだスペンサーは、しかし、相棒のアレックス(ニック・カサヴェテス)と共に無事帰還する。
 大統領を始め、国民や友人たちも皆彼らの帰還を喜ぶが、スペンサーの妻ジリアンだけは、夫の異変を本能的に感じて行く。やがて、双子を身ごもるが、言い知れぬ恐怖感は増すばかりである。
そして、夫が深夜に聴いているラジオから流れる”ノイズ”の正体を知った時、物語は戦慄のクライマックスを迎える。

 宇宙での出来事となればSF、SFには宇宙人、とすぐ連想が行きがちだが、宇宙人とは一体?
見ていない人のために多くは語れないが、宇宙人を扱ったこれまでの作品とは明らかに異色である。相変わらず、表情の変化に妙を魅せるデップであるが、これまたこれまでとは違った役割を演じている。妻役のセロンの演技も光る。何故、どうやって、夫の変化に気付いて行くのか?
その過程と、迫りくる恐怖の表情を見事に演じている。

 また、製作も衝撃のラストまでに、”空白の2分間”、”奇跡的生還”、”妻の双子の妊娠”、”同僚の異常な死”、”NASA捜査員の失踪”、”ラジオから聞こえるノイズ”、”それををじっと一人聴く夫”など多くの伏線を張っている。
いやがうえにも、観客を不気味な恐怖の想像に掻きたてて行く構成だ。しかも、ラストの展開が読めない。見る者を驚愕させるであろう。
コメント
この記事へのコメント
みゆきままちゃんとみさきさんへ
ブログの右上に貼ってある、リンクの2番目に自分の保有しているDVDリストがあります。

映画のジャンル別、製作年度別になっていますので、参考にして下さい。1500以上あります。
2009/12/14(月) 10:46 | URL | kurimasa #-[ 編集]
私も見てない映画を探すの大変ですまた遊びにきます(*^^*ゞ
2009/12/14(月) 10:29 | URL | みゆきママちゃん #-[ 編集]
こういう映画が・・・
こういう映画があるんですね。
2009/12/13(日) 20:26 | URL | みさき #IFJ8L.Wg[ 編集]
kathukoさんへ
久々のコメ有難うございます。
時間がなくてほとんどブログ更新が出来ないのですが、そう言って頂くと、嬉しいです。

レビューというのは、あらすじをこと細かく、書いてはダメで、読んだ人がその作品を見たくなるように書くべきだと思っています。

まだまだ紹介したい作品が山ほどあります。
2009/11/30(月) 15:17 | URL | kurimasa #-[ 編集]
早速DVDを探しに行って来ます。kurimasaさんの映画の評論が余りにも緊迫感が有って機に成ります!
2009/11/30(月) 10:39 | URL | katsuko #-[ 編集]
解決なきラスト
映画監督のクリント・イーストウッドが、映画作品のA級とB級について、以下のようにコメントしています。
B級は、すべての答えを出してしまう。これに対して、A級は、答えを与えず、観客に考えさせる、と。

そういった意味で、ノイズは、ラストでも解決せず、問題提起をしています。
この映画の評価はあまり高くなかったのですが、自分は考えるテーマが好きです。
2009/11/28(土) 20:05 | URL | kurimasa #-[ 編集]
ななでーす。この映画凄く怖かったですよーーー。自分の旦那さんが前と違うっていうのはやっぱり奥様だとわかりますよねーーー。この場合最後もまだ終わってなかったっていうのに恐怖を感じました。
2009/11/28(土) 15:07 | URL | なな #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。