映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コッポラとルーカスのコンビが描く青春の群像

アメリカン・グラフティ

製作年度:1973年
監督・脚本: ジョージ・ルーカス  製作: フランシス・フォード・コッポラ
キャスト: リチャード・ドレイファス/ ロニー・ハワード/チャーリー・マーティン・スミス/
      ポール・ル・マット/シンディ・ウィリアムズウルフマン・ジャック / ハリソン・フォード

 この映画を語らずして、自分の青春は語れない。誰もが持っている青春の1ページ。清々しく、微笑ましく、そしてすべての人をあの青春時代へと誘う映画だ。
 
 ガールハントのため、街を流す様々な車のカーステレオから流れるロックンロール・ミュージック。車とファッションと音楽の洪水。実にアメリカ的な映画だ。1944年生まれのジョージ・ルーカスは、この年29歳。映画の背景となっている年は、1962年である。11年前の彼は、まだ学生で、その時代(ロックンロール・ジェネレーション)を懐かしんで作ったといえるだろう。
 1962年体験をくすぐるこの映画のアメリカでの宣伝文句は、「あなたは1962年にはどこにいたか?」と観客への画面参加を呼び掛けている。
 それほど、この映画には1962年のアメリカのリアリティがあり、あの時代を知っている人へ、懐古させる。いや知らない人にだって、それぞれの1962年(青春時代)はあるのだ。

 自分の1962年は小学生だったし、リアルタイムの感覚はないが、映画が作られた1973年は、大学2年だったので、大いに青春していた。前にも書いたように、自分の学生時代に開演前から長蛇の列をなして映画館前に人が並んでいた映画は、”ゴッドファーザー”とこの”アメリカン・グラフティ”だけであった。

 アメリカン・グラフティに出てくる4人の仲間の車であるが、カート(リチャード・ドレイファス)が、シトロイエン、スチーブ(ロニー・ハワード)が、58年型シボレー、ジョン(ポール・ル・マット)が、32年型カスタム・フォードのデュース・クーペ、テリー(チャーリー・マーチン・スミス)だけが、スクーターのベスパであった。
 
 カーラジオから流れてくる、1955年“暴力教室”の主題歌に使われてヒットした”ロック・アラウンド・ザ・クロック”(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ)で始まるこの映画のロックン・ロールナンバーは41曲。ほとんどが50年代から60年初期のナンバーだが、中には、62年以降の曲も挿入されている。つまり、挿入歌は映画の背景となっている62年のヒット・パレードではないのだ。ここにルーカスのロックンロール・ジェネレーション全体へのオマージュを感じる。

 車・音楽ときて、次はファッションだ。これもロックンロール・エイジに合わせた、男女ともにアイビーやヤンキールックである。これもノスタルジーを感じさせる。
そして、車を駆ってのガールハント。若者なら誰しも経験あることだろう。
 この映画にストーリーらしいストーリーはない。そこに描かれているのは、4人の若者の夏の日の1日だけだ。車と音楽と若い男女。それだけで充分だ。理屈なしにあの時代に帰れる。

 1962年というと、この年の10月にイギリスでは、ビートルズが”ラヴ・ミー・ドゥ”でレコードデビューしている。ここからロックそのものが変わっていくのである。
この映画の挿入歌のような、単純なロックンロールは終焉し、60年代後半には、より前衛的なアート・ロック、ニュー・ロック、プログレッシブ・ロックへと変遷し、音楽系統もロックは、フォークやブルース、ジャズやラテン、クラシックなどと融合し、色々な流派を産みながら70年代へと突入していくのである。
 
 ルーカスは、この単純だった62年を懐古し、多くの人に自分たちの一番良かった時代、青春時代を取り戻してもらいたいとの気持ちを込めてこの映画を作ったと自分には思える。
 
 映画のラスト近く、ジョンと路上でスピードを競うボブファルファの役として、のちの大スターとなるハリソン・フォードが登場しているのも興味深い。リチャード・ドレイファスは、コッポラのお気に入りで、この後も彼の作品に多く登場することになるし、ロニー・ハワードは、俳優というより、今や映画監督として大成功している。3人の俳優にとってもこの映画への出演は、大変意義あるものだったといえる。

 当時を知っている人は勿論のこと、知らない人も自分たちの1962年を、この映画を観ることで取り戻して欲しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。