映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イージー・ライダー


1969年 アメリカ・ニューシネマ  当時の世間に受け入れられなかったヒッピーの若者達
監督 : デニス・ホッパー  製作 : ピーター・フォンダ  
脚本 : デニス・ホッパー/ピーター・フォンダ
キャスト : デニス・ホッパー/ピーター・フォンダ/ジャック・ニコルソン
主題歌 : イージー・ライダーのバラード(バーズ)/ワイルドで行こう(ステッペン・ウルフ)

 マリファナの売買で、ちょっとした財産を築いたキャプテン・アメリカ(ピーター・フォンダ)とビリー(デニス・ホッパー)が、ハーレイ・ダビッドソンに跨り、旅に出るところからこの物語は始まる。
町を捨て、時計を捨てる姿は、これからは時間に縛られず、自由気ままに生きていくという、意思表示を示している。
 村から村へとバイクで流す二人だが、途中で酔っぱらいの弁護士ジョージ(ジャック・ニコルソン)と知り合い、3人での旅となる。しかし彼等は、沿道の村人たちに全く受け入れられない。レストランでも歓迎されない。保守的な人々は、彼らの身なりだけで、”胡散臭い”と見るのだ。自分たちとは、全く違う人種、異邦人とみなし、やがて悲劇へと向かっていくことになる。

 マリファナ、人種問題、ベトナム戦争、既存社会に反抗する若者といわゆる常識派で保守的な大人との断絶等、数多くの問題を抱えて喘ぐ”巨大国家アメリカ”の姿をヤングジェネレーションの目を通して余すところなく描いている。

 ジェーン・フォンダを姉に持ち、名優ヘンリー・フォンダの息子であるピーター・フォンダが、初めてプロデュースした作品で、彼の親友デニス・ホッパーも初監督している。脚本も二人で書きあげ、まさに二人が作った作品だ。

 サイケデリックな映像と反体制派ミュージシャンを結集して音と画面を結び付けている。サイクリングシーンに流れる音楽は、ステッペン・ウルフの”プッシャー”に始まり、代表曲”ワイルドで行こう”ザ・バンドの”ウェイト”等、すべてロックであり、当時の10代後半から20代の若者に圧倒的支持を受けた音である。ジミヘンやエレクトリック・フラッグなど、サイケ・ミュージックの走りである。
 しかも驚くのは、ラストシーンに流れる、バーズのリーダー”ロジャー・マッギン”が歌う美しいスローバラード”イージー・ライダーのテーマ”を除き、この映画のために作られた曲ではないということである。ヒット曲を集めたものだが、実に映像とマッチして、我々に訴えかける。ピーターのセンスが窺われる。
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
自分も良くカラオケやクラブに行きますが、レパートリーはロックです。BORN TO BE WILDも持ち歌で、アクションを付けて熱唱すると受けます。点数も良いほうです。
音楽のブログもリンクしてありますので見てください。
2008/09/27(土) 21:22 | URL | Fukamasaさんへ #-[ 編集]
米国ビジネスマンとカラオケに行ったときに、BORN TO BE WILD 熱唱してくれました。イージ・ライダーというのが逆にEasyでは無くてHardの様でもありますね。
2008/09/27(土) 16:49 | URL | Fukamasa #-[ 編集]
自分も中学~高校時代、エレキやっていました。
ビートルズ世代です。オールディーズ専門のブログも開設していますので、良かったらご覧下さい。
RIELUさんとは、映画・音楽・プロ野球と自分が作っているすべてのブログで友達になって貰っています。

http://oldiesmusic4767.blog74.fc2.com/
2008/05/25(日) 01:28 | URL | kurimasa #-[ 編集]
今晩は、はじめまして。
RIELUさんのとこから飛んできました。

以前、50'sを愛する仲間のカフェバーに仲間達が集い、バイクのツーリングやロカビリーを中心としたバンド活動等をしてました。
私は、「イージーライダー」は見ておりませんが、仲間達の間では、「イージーライダー」は違う!というような変な偏見がありまして、私も流されていました。
今度じっくり観賞いたします。
2008/05/24(土) 21:54 | URL | nininin #-[ 編集]
詩乃さんへ
この年、自分は高校一年生。年の差を感じてしまいます。
アメリカ・ニューシネマの真っ盛り、音楽はフラワームーヴメント。
英国では、ビートルズ解散後、クリームの全盛期。そのアートロックの音楽性は、ツェッぺリンへと引き継がれていきます。
日本では、70年安保に向けて学生運動が盛んになっていく年でした。
69年は、映画も音楽も政治的にも意義ある年でした。
2008/05/17(土) 13:25 | URL | kurimasa #-[ 編集]
お~!私の生まれた年です。
この映画は有名ですが 残念ながら未見です。今度ぜひ 観たいと思います。
デニス・ホッパーが監督だったんですね。
昨日 観たDVD(新しい作品)にデニス・ホッパーが出演していて 抜群の芝居でした。健在ですね!
2008/05/17(土) 01:28 | URL | 詩乃 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。