映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺たちに明日はない


1967年  アメリカ・ニューシネマ   実話を基にしたギャング映画のバイブル
監督:アーサー・ペン  脚本:デービッド・ニューマン  音楽:チャールス・ストロース
キャスト:ウォーレン・ビーティ/フェイ・ダナウェイ/ジーン・ハックマン/マイケル・J・ポラード

 前回述べた【卒業】と共に、67年のアメリカ・ニューシネマ。【卒業】が、自分にとって、恋愛のバイブルなら、この作品は、ギャング映画のそれである。 背景は、1930年代のアメリカ恐慌時代。
職に焙れた若者が、食っていくためには、ギャングになるしかなかった。
 
 アメリカ全土を震撼させた、実在の人物、ボニー&クライド。
誰でも最初から、凶悪犯である訳がない。どこにでもいる、普通の若者がなぜーーー。
凶悪事件が続く現代において、考えさせられる作品である。

 感化院あがりで、今日も車泥棒目的にぶらつく、クライド(ウォーレン・ビーティ)に声をかけたのは、ウェイトレス稼業に飽き飽きし、新しい冒険を夢見ているボニー(フェイ・ダナウェイ)であった。
クライドは、鼻っ柱の強いボニーに惹かれ、勇気のほどを見せるために、食料品店に押し入り、金庫の金を簡単に盗み出した。彼女は、彼の大胆さに惚れ込み、ハートを預ける決心をする。
肉屋へ押し入り、店のオヤジの抵抗にあい、銃で撃ってしまったクライド。ふとした事から、初めての殺人を犯してしまい、自責の念に駆られながらも、生きるために逃げる二人。
 ここから、犯罪の道へ突き進んでいくのであった。やがて、ケチなコソ泥C・W(マイケル・J・ポラード)
や、クライドの兄(ジーン・ハックマン)夫婦が加わり、一大強盗団として、全米の銀行を襲撃していくことになる。FBIに追われる彼ら。兄貴が撃たれ、半狂乱になるその妻。
 いつまでこんな生活が続くのか、やがて警官隊に待ち伏せされ、ラストの壮絶な銃撃シーン。

 貧しい時代の貧しい家庭に育った二人。両親の愛情からも社会からも見放され、生きる目的もなく、お互いの愛だけを頼りに悪の限りを尽くした不況時代の申し子。権力と富への挑戦者ボニー&クライドの悲しい青春ドラマ。
 見かけによらず、クライドは、性不能者。それでも「彼しかいない」と、離れられないボニー。
 
 世間には恐れられ、警察には憎まれ、あまりに短く散っていったふたりが求めた幸せと夢は、何だったのであろう。ひとつの愛のかたちを見せられた。
コメント
この記事へのコメント
ガイアさんは、タダ者ではないと思っておりましたが、演劇を遣っておられたのですね。私も立教大学時代に野際陽子が所属していたESSクラブのドラマとボクシングを両立させておりました。
中学と高校時代は、ビートルズの影響でバンドをやっておりました。英語が好きになったのは、洋楽と洋画のおかげです。
自分の音楽ブログにも目を通して下さい。
2009/04/28(火) 20:25 | URL | kurimasa #-[ 編集]
映画の思い出は楽しい
ボニー& クライドの物語。このニューシネマは強烈な印象を私に遺してくれた作品です。若い頃に渋谷か新宿で観ました。
丁度この頃、演劇を遣っていまして、ウイリアム・サローヤンの「おーい、助けてくれ」に取り組んでいました。この作品を含め、ニューシネマは大変参考になりました。
時には若かりし頃の映画を思い出してみるのも楽しいですね。私は、劇団民藝の演劇、それに宇野重吉さんが出ていた近代映画協会の作品が好きでした。
kurimasaさんには到底及びませんが、私も映画のリーフレットや演劇のパンフレットが沢山あります。心の財産の様な物です。
最近は映画ヤ演劇を観る機会が少なく、一寸反省、寂しさも感じています。
2009/04/28(火) 17:47 | URL | ガイア #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。