映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サウンド・オブ・ミュージック


1964年 第38回アカデミー賞で作品賞、監督賞、ミュージカル映画音楽賞、音響賞、編集賞受賞
監督:ロバート・ワイズ  脚本;アーネスト・レーマン
キャスト:ジュリー・アンドリュース/クリストファー・プラマー/エリノア・パーカー/ペギー・ウッド
音楽:リチャード・ロジャース/オスカー・ハマースタイン二世/アーウィン・コスタル
主題歌:ドレミの歌、エーデル・ワイス

 文句なく、ミュージカルの最高峰である。自分が小学生の時の映画なので、中学生になってから見たが、印象深い作品であった。
自分は、ミュージカルは、あまり得意ではないが、最も感動した映画として挙げる人が多い。

 修道女マリア(クリスティー)が、院長の命により、厳格なトラップ家へやって来た。彼女の温かい人柄と音楽を用いた教育法で、七人の子供たちはマリアの事が好きになるが、父親であるトラップ大佐とマリアの衝突は絶え間なかった。だが、次第に大佐に惹かれている事に気づき悩むマリア。やがて大佐の再婚話が持ち上がり彼女は傷心のまま修道院に戻るのだが……。

 随所に流れてくる音楽が素晴らしい。時代を超えた名曲として、今も歌い継がれている。マリアの知的な優しさ。現代の女性には、見当たらない。頑固者トラップ大佐との大人の恋もすがすがしい。
ジュリー・アンドリュースの名を永遠に刻み込んだ名作である。
 ”あの人”も何度も見ているという。女性必見の作品であろう。
コメント
この記事へのコメント
万葉樹さんへ
随分前に、簡略化して書いたレビューなのに、ここまで坂信夫って読んでくれて嬉しいです。

ドレミの歌もエーデルワイスも永遠に残る名曲ですもんね!
2010/02/16(火) 11:05 | URL | kurimasa #-[ 編集]
大好きなミュージカル映画
大好きなミュージカル映画です。
音楽としてすばらしいだけでなく、広大なアルプスや湖を背景に、家族の愛情をうつくしく描き、反戦意識を高めた名作だと感じます。

有名なナンバーが前半と後半でニ度歌われているんですが、その使い方もうまいですね。

>女性必見の作品であろう。

それはすごーく痛感します(笑)
2010/02/15(月) 21:31 | URL | 万葉樹 #-[ 編集]
harukaさんへ
コメありがとうございます。
この作品が好きな人は、心の綺麗な優しい人だと思います。
harukaさんにピッタリの映画です。
2008/03/23(日) 23:04 | URL | kurimasa #-[ 編集]
ミュージカルって好きな人と、苦手な人と分かれるみたいですね。
私はミュージカルは大好き派です。
はじめて観にいった舞台がミュージカルで強い感動をからだで感じたからだと思います。
この映画は、音楽もなにもかも本当に素晴らしい作品だと思います。
2008/03/23(日) 22:53 | URL | haruka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://movieno1.blog17.fc2.com/tb.php/13-d806e96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。