映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローマの休日


1953年恋愛物。若き日の可憐なヘプバーン。自分にとって、恋への憧れの時期に触れた映画。
監督:ウィリアム・ワイラー 原作:ダルトン・トロンボ 
脚本:イアン・マクレラン・ハンター/ダルトン・トロンボ/ジョン・ダイト
キャスト:オードリー・ヘプバーン/グレゴリー・ペック/エディ・アルバート/テュリオ・カルミナティ
音楽:ジョルジュ・オーリック

 文句なしの恋愛映画の一級品。自分の生まれる前に出来た作品であるが、時代を超えて何度もテレビと映画館で放映されている。一度も観ていない人の方が少ないと思われる。特に女性が好きな映画だ。自分は、ベタベタした恋愛物は嫌いだが、この作品は自然にさらりとしている。

 ヨーロッパ最古の王室の王位継承者であるアン王女(ヘプバーン)は、欧州各国を親善旅行で訪れていた。ローマでも公務を無難にこなしていくアン。しかし、ハードスケジュールで疲れやストレスが溜まり、主治医に鎮静剤を投与される。こっそり夜のローマの街へ繰り出し、やがて薬が効いてくるとベンチで寝入ってしまう。そこへ偶然通りかかったアメリカ人の新聞記者ジョー(グレゴリー・ペック)は、彼女を一国の王女であることも知らずに自分のアパートで休ませるのだが…。 

 偶然異国の地で巡り合う二人。全く置かれた環境・境遇も違うのに、燃え上がる二人。年の開きもかなりあるのに。お互い美男美女であるのに、これまで恋人がいないことが不思議だ。映画には、こういったシチュエーションが多い。ふとしたことから知り合う二人が、生涯無くてはならぬ人になるのだ。
 現実は、どうであろうか?自分が始めてこの映画を見たのは、まだ恋が何たるかも知らぬ中学生の時だった。とても恋に憧れた。でも現実にこんな事はあり得ないのだ。だからこそ、自分たちの体験できないことに憧れを抱かせ、夢を見させるのが、映画なのだ。

 自分の好きな人も、この映画が好きで何回も観ているという。同じ映画でも、年を重ねるに従って受け取り方が変化してくるものだ。若い時は、希望に満ちている。一つづつ年を取るごとに、自分の可能性が見えてくる。絶え間ない不安が襲ってくる。自分の人生は、こんなものではなかったはずだと。
 それでも生きていかねばならぬのだ。良い事・楽しい事だってまだまだあるはずだ。好きな人とは、この映画の主人公たちのように年が離れている。ましてや、彼女は、私の事など何とも思っていない。この気持ちを知ったとて、笑うだろう。
 しかし、報われぬ愛、無報酬の行為こそ美しいものだと思っている。この映画が好きだという”あの人”に、このレビューを読んで貰いたい。いつか、逢える日を夢見てーーーー。
コメント
この記事へのコメント
blackさんへ
ありがとうございました。
私もご無沙汰してごめんなさい。
そのうちネコの映画もレビューします。
2008/03/21(金) 20:32 | URL | kurimasa #-[ 編集]
お久しぶりです。v-221
とても懐かしい映画ですね。
数回見ました
ホント”年を重ねるに従って受け取り方が変化してく”そのとうりですね~
なんとも切ない恋でした(+o+)
2008/03/21(金) 18:59 | URL | black #-[ 編集]
angelinaさんへ
コメありがとうございます。
ぜひ見て下さい。永遠の名作です。
サラリとした中に、真実の愛が歌われています。
最近は、肉体的なものが多いですが、ここに描かれているのは、純情な愛そのものです。
2008/03/20(木) 12:03 | URL | kurimasa #-[ 編集]
私はこれしっかり観たことないんですよ~こんなに有名な作品なのに。
ワールドトレードセンターは観ましたよ
2008/03/20(木) 11:52 | URL | angelina #-[ 編集]
harukaさんへ
本当に、こんな恋ができたらいいですね!

ワールド・トレード・センターの方は、どうでした?
2008/03/20(木) 00:29 | URL | kurimasa #-[ 編集]
色あせることのないこの映画の美しさは、きっと永遠の映画として受け継がれていくことでしょうね(^^)v-22

2008/03/20(木) 00:14 | URL | haruka #195Lvy4Y[ 編集]
RIELU様へ
コメントありがとうございます。
先週、上海に行っていたので、全く更新できませんでした。

またよろしくお願いします。
2008/03/19(水) 23:31 | URL | kurimasa #-[ 編集]
「ローマの休日」は一度観た事があります。
私も殆ど恋愛映画は観ないんですが、
10代の頃はそれなりに観ていましたし、その頃の事を思い出しましたよ。
映画はそんな気持ちにさせる所も素晴らしいんですよね。
2008/03/19(水) 23:13 | URL | RIELU #yjAvvF4.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://movieno1.blog17.fc2.com/tb.php/12-4aecc747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。