映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2009/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父と娘と歌の記憶

耳に残るは君の歌声

製作年度: 2000年  ユダヤ人の娘が激動の時代を渡り歩いてゆく大河ドラマ     
監督: サリー・ポッター  製作総指揮: ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー  
製作: クリストファー・シェパード  脚本: サリー・ポッター  音楽監修: サリー・ポッター
キャスト: ジョニー・デップ/クリスティーナ・リッチ/ケイト・ブランシェット/ジョン・タトゥーロ/オレグ・ヤンコフスキー/ハリー・ディーン・スタントン

 1927年のロシア。ユダヤ人の少女フィゲレは、村を襲った暴動から逃れ、父親(オレグ・ヤンコフスキー)とも別れて、ロンドンへ。スージーと名付けられた彼女(クレスティーナ・リッチ)は、10年後、コーラス・ガールとしてパリで働くことになった。やがてジプシーの青年チェーザー(ジョニー・デップ)と恋に落ちる。
だがナチスによる第二次大戦の影が、パリにも迫ってきた。チェーサーと別れたスージーは、ハリウッドに父を探す旅に出て、苦難の末に瀕死の老人となっていた父と再会するという感動のドラマである。

 しかし、映画は淡々としており、スムーズな流れにもなっていない。画面にも色彩がなく、戦時下という事か暗い。その割には、第二次大戦時の戦争の背景も強く伝わって来ない。テーマは、大きいが印象に残らない作品であった。
タイトルとデップが出演しているというだけで、作品に期待した自分は、がっかりした。
デップの登場シーンも少なく、ほとんど印象に残らなかった。

 自分は、ジョニー・デップ出演作品について、時代を追って書いているため、この映画も取り上げたが、ハッキリ言って、デップの作品の中では最低だと思う。

 わずかに、幼くして父と別れた娘が、瀕死の父と再会する場面が感動的であった。
スポンサーサイト
悪魔の書を探す本の探偵役を演ずるデップ

ナインス・ゲート


製作年度: 1999年  暗黒世界に呑まれていく本の探偵の姿を描いたオカルト・サスペンス     
監督: ロマン・ポランスキー  製作: ロマン・ポランスキー  原作: アルトゥーロ・ペレス・レベルテ
脚本: アンリック・ユルビズー/ジョン・ブラウンジョン/ロマン・ポランスキー  
音楽: ヴォイチェフ・キラール 
キャスト: ジョニー・デップ/フランク・ランジェラ/レナ・オリン /エマニュエル・セニエ/バーバラ・ジェフォード/ジャック・テイラー/トニー・アモニ/ジェームズ・ルッソ/ホセ・ルイス・ロペロ


 悪魔の研究家としても名高い収集家ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)の依頼を受け、稀覯書発掘人である本の探偵ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)は、1666年発表の伝説の悪魔祈祷書『影の王国への九つの扉』を探すことになった。世界に3冊しか現存しないというこの本の1冊を入手したバルカンは、コルソに残る2冊を見つけて真贋を鑑定してほしいというのだ。

 世界に3冊しかない「悪魔の書」を探してコルソが訪れる、ニューヨーク、トレド(スペイン)、シントラ(ポルトガル)、パリなどが、ヨーロッパの風光明媚な風景に独特の陰影を加えてスクリーンに映し出され、いかにもミステリーの舞台にふさわしい雰囲気を演出している。
本の所有者の住居も、本物の城や退廃した貴族の屋敷であり、それらも独特の重厚感や幻想的な雰囲気を醸し出している。
 コルソに付きまとう謎の女性の正体とその目的は?
彼は、書に隠された秘密の鍵を手に入れるが、本の所有者が次々殺され、謎は深まるばかりである。

 悪魔崇拝の儀式やら、常識では理解出来ないシーンも多く、謎が謎として解き明かされぬままラストを迎えるなど、消化不良的要素は強いが、ロマンスキーの演出とデップの鬼気迫る演技とは一見の価値があろう。
理屈では割り切れぬ作品である。
バートン&デップコンビの第3弾

スリーピー・ホロウ


製作年度: 1999年 伝説の首なし騎士による連続殺人事件に挑む捜査官を演じるデップ   
監督: ティム・バートン  製作総指揮: フランシス・フォード・コッポラ/ラリー・フランコ
原作: ワシントン・アーヴィング  脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー 音楽:ダニー・エルフマン
キャスト: ジョニー・デップ/クリスティーナ・リッチ/ミランダ・リチャードソン/マイケル・ガンボン/キャスパー・ヴァン・ディーン/イアン・マクダーミッド/クリストファー・リー/クリストファー・ウォーケン

 ニューヨーク郊外の呪われた村「スリーピー・ホロウ」で起きた謎に満ちた連続殺人事件。被害者は皆首を切られ、しかもその首は行方不明。犯人は?そしてその目的は?何故首が?

 この不可解なミステリーホラーの原作は、ワシントン・アーヴィングの古典『スリーピー・ホローの伝説』である。
原作は読みごたえのあるミステリーサスペンス&ホラーで、これを鬼才ティム・バートンが映画化した。製作総指揮は、フランシス・フォード・コッポラ。主演は、連続殺人事件に挑む捜査官役のジョニー・デップと、何とも豪華な顔ぶれである。謎解きの面白さを存分に味あわせてくれる。

 ときは1799年。ニューヨーク市警のイカボッド・クレーン(ジョニー・デップ)が、連続殺人事件の起こった村「スリーピー・ホロウ」にやって来る。古くからの恐ろしい因習に囚われた村の人々は、犯人がかつてこの村で首を切られた騎士の亡霊だと信じていた。
村を仕切る長老たちの怪しげな行動、森の奥深くにそびえ立つ「死人の木」、そして、実際に姿を現した「首なし騎士」。クレーンはやがて、「首なし騎士」の背後にいる黒幕の存在を嗅ぎつける。しかし、村人たち全員が血縁関係にあるというこの村では、調べれば調べるほど、すべての人間が怪しく見えてくるのだった。

 この作品は、不気味な雰囲気を強調するコントラスト鮮やかな背景に、衣装の色彩を強調した美しい映像から成り立っている。ゴシック的な雰囲気の中に、アート的感覚と娯楽性が見事に調和している。

 森の奥深くでクレーンは、「死人の木」を発見するが、この木は「首なし騎士」の休息の場所であり、この世とあの世の境界線になっている。
 息を飲むシーンは、首を切られて死んでいく村人たちだ。これまで見た事のない首の切られ方であった。

 「首なし騎士」は、アメリカ独立戦争時に、頭を失った騎士の亡霊がスリーピー・ホロウを馬で駆け抜けて行くという伝説で、ディズニーにも登場する古典的キャラだが、この非現実性を現実に起こりうるという気になって来る。
自分は、物語の展開を全く読めなかったが、現実と非現実の境界線を見事に演出している作品と言える。
バックの美しい音楽と背景の映像が、より恐怖感を煽り、神秘的な世界へ観客を誘うであろう。

 見る者を古典的伝説の世界に入り込ませるこの作品は、怪奇映画なのか、ミステリー、サスペンス、ホラー、はたまたファンタジーなのか、それらのジャンルでは括れない、風変わりな印象深い作品である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。