映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2009/101234567891011121314151617181920212223242526272829302009/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デップの異色SFサスペンス・ホラー

ノイズ

製作年度: 1999年  夫が一人深夜に聞く、ラジオからのノイズとは?   
監督: ランド・ラヴィッチ  製作: アンドリュー・ラザー  脚本: ランド・ラヴィッチ  音楽: ジョージ・S・クリントン 
キャスト: ジョニー・デップ/シャーリーズ・セロン/ジョー・モートン /クレア・デュヴァル/ ドナ・マーフィ/ニック・カサヴェテス

 1999年には、デップ主演の作品が数多く生まれているが、シャーリーズ・セロンと共演したこの作品もそのひとつである。
 宇宙から帰還した夫。双子を妊娠した妻。そしてラジオから聞こえてくる恐怖のノイズ。新感覚のSFサスペンス・ホラーである。

 物語は美しい宇宙空間から始まる。地上に愛する妻のジリアン(シャーリーズ・セロン)を残し、スペース・シャトルに乗り込んだ、NASAの宇宙飛行士スペンサー・アマコスト(ジョニー・デップ)。ヒューストンとシャトルとの間の交信が途絶えた空白の2分間。この間にスペース・シャトルの宇宙飛行士に何が起こったのか?

 この映画は、こういった疑問を最初から観客に投げかける。宇宙空間の美しさと対比する、ジワジワと来る暗黒の幕開けである。この辺のカメラワークを中心とした演出がうまい。
交信が途絶える前に、「あれは何だ」と叫んだスペンサーは、しかし、相棒のアレックス(ニック・カサヴェテス)と共に無事帰還する。
 大統領を始め、国民や友人たちも皆彼らの帰還を喜ぶが、スペンサーの妻ジリアンだけは、夫の異変を本能的に感じて行く。やがて、双子を身ごもるが、言い知れぬ恐怖感は増すばかりである。
そして、夫が深夜に聴いているラジオから流れる”ノイズ”の正体を知った時、物語は戦慄のクライマックスを迎える。

 宇宙での出来事となればSF、SFには宇宙人、とすぐ連想が行きがちだが、宇宙人とは一体?
見ていない人のために多くは語れないが、宇宙人を扱ったこれまでの作品とは明らかに異色である。相変わらず、表情の変化に妙を魅せるデップであるが、これまたこれまでとは違った役割を演じている。妻役のセロンの演技も光る。何故、どうやって、夫の変化に気付いて行くのか?
その過程と、迫りくる恐怖の表情を見事に演じている。

 また、製作も衝撃のラストまでに、”空白の2分間”、”奇跡的生還”、”妻の双子の妊娠”、”同僚の異常な死”、”NASA捜査員の失踪”、”ラジオから聞こえるノイズ”、”それををじっと一人聴く夫”など多くの伏線を張っている。
いやがうえにも、観客を不気味な恐怖の想像に掻きたてて行く構成だ。しかも、ラストの展開が読めない。見る者を驚愕させるであろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。