映画ファン集合! 自分が見て感動したり、人生観を変えたような映画について語り合いたいと思います。 また、DVDのコレクション紹介とかーーーー。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝説の「悪魔の理髪師」をデップが怪演!

スウィーニー・トッド

製作年度: 2007年 160年以上のロングランを誇るミュージカルの映画化。                       またまた、デップ&バートンのコンビ
監督: ティム・バートン 製作総指揮: パトリック・マコーミック 製作:リチャード・D・ザナック/ウォ       ルター・パークス/ローリー・マクドナルド/ジョン・ローガン 脚本: ジョン・ローガン 
原作戯曲: クリストファー・ボンド 作詞・作曲: スティーブン・ソンドハイム
キャスト: ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サ       シャ・バロン・コーエン/エド・サンダース/ジェイミー・キャンベル・バウアー/ジェイン・ワ         イズナー/ローラ・ミシェル・ケリー

 伝説の殺人理髪師スウィーニー・トッドの身の毛もよだつ物語は、1847年に初めて舞台で上演されて以来、160年以上も世界中の人々を魅了し続けてきた。残酷で猟奇的、それでもこの殺人鬼と血まみれの殺人シーンから目をそらさずにいられない。
 この映画は、ブロードウェイの巨匠スティーブン・ソンドハイム作詞・作曲によるトニー賞8部門受賞の傑作ミュージカルをもとにしている。
ジョニー・デップの初主演映画は、「クライ・ベイビー」で、これがミュージカルである。デップは、12歳の時にギターを手にしており、バンド活動を続け、”ザ・キッズ”と言うロック・バンドを結成した。本格的なミュージシャンを目指し、ロサンゼルスにやって来たが、ニコラス・ケイジの勧めで俳優に転向している。

*注*「クライ・ベイビー」については、紹介済み http://movieno1.blog17.fc2.com/blog-category-5.html

 つまり、デップにとっては初めてのミュージカル挑戦ではないが、今回は、全編歌わなければならない。
しかも、デビュー当時と要求される演技が比べ物にならないし、何といっても、この作品は何度も上演を繰り返されてきた古典的名作なのである。

 19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカー(デップ)の幸せな日々は、或る日突然打ち砕かれた。彼の美しい妻ルーシー(ローラ・ミシェル・ケリー)に横恋慕したタービン判事(アラン・リックマン)によって、無実の罪を着せられ、監獄に入れられた。パーカーは15年後、スウィーニー・トッドと名前を変えて、フリート街へ戻って来る。
そして、大家のミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)から真実を聞かされたトッドは、再びパイ屋の二階で理髪店を始めた。
こうして、商売道具のカミソリを磨ぎながら、トッドの復讐が始まったのである。

 ミセス・ラベットは、トッドの共犯者となり、死体の処理として人肉パイを売り出す。今までまずかったミートパイが、突然美味しくなったと街中の評判を呼び、パイ点は繁盛して行く。
驚嘆するほど猟奇的でグロテスク。でも、そこにあるのはピュアな愛。二転三転する復讐劇は、意外な結末へと展開して行く。トッドのカミソリの餌食にならないのは誰?

 善良だったバーカーが、極悪非道なトッドに生まれ変わる状況は、誰の身にも起こりうる事である。人間には、ありとあらゆる感情と心が備わっている。異常な場面を迎えた時、自分でも気付かなかった別の自分が顔を出すということは、充分考えられるのである。
音楽がセリフのように奏でられ、感情が旋律によって引き出されている。歌の合間にトッドは、次々と客の喉を切る。美しい旋律と、おぞましい行為が一体となって人間の本質をあぶり出す。
 自分が、バーカーの状況に立たされた時、どうするか?そしてその結果が何をもたらすのか?ーーーこれが、この作品のテーマだと思う。
絶望の中から、復讐だけを生甲斐にするトッドの救いのなさと、そんな彼に魅かれて行き、明るい家族を夢見るミセス・ラベットの愛は、実に対照的である。
この作品には、色んな愛の形が描かれている。愛ゆえの悲劇の名作だと言える。

 理髪店の椅子を改造して、客の死体がバタンと床下に落ちるようにしたトッドだが、彼自身もその機械仕掛けの一部になったように、何のためらいもなく、機械的に悪魔に魅入られたがごとく、殺人を繰り返していく。
残虐に喉を切り裂いていくが、感情がなく、表情一つ変えずに作業をこなしていく感じだ。
”シュパッ”と血が噴き出す音、”ギー、バタン”と椅子が回転する音だけが、リズミカルに続く。それらが余計に”哀しさ”を感じさせる。
 血なまぐさいシーンが多く、観客は何度も血しぶきを浴びせられるかのようでもあるが、単なるスプラッターではない。普通のミュージカルでもない。ジャンルでは括れないバートンの世界だ。
色づかいも鮮やかだ。黒のタイトルから真っ赤な血が流れてくる。殺人シーンの血は、もっと鮮血な真紅色だ。全体の画面は、トッドの心情のように暗い。わずかに、ミセス・バケットの夢想シーンだけが、鮮やかだ。
つまり、キャラクターの感情に基づいて、カラーが使い分けられている。

 作品によって、その都度違うキャラを演じるデップだが、こんなに怖い彼の表情は見た事がない。内面に向かう暗さを見事に演出している。殺人シーンの彼は無表情だが、彼自身は情感たっぷりなモンスターである。
本当の犠牲者はトッド自身であり、復讐を夢に描くうちに、段々取り憑かれたようになっていき狂気へと変わっていく。

 19世紀のイギリスで、世間を震撼させた事件として、5人の娼婦をめった切りにした”切り裂きジャック”と、この”スウィーニー・トッド”が挙げられるが、どちらもマスコミは連日大々的に事件を取り上げ、大衆には一代センセーションとなった。
人間とは、所詮残酷な面があり、自分の事でなければ、こういった猟奇的事件に異常な関心を示すものなのだ。
時代も、貧富の差が激しく、下層階級はその日の食にも事欠く有様であった。人々は、常に何かに飢えていたのである。それが、ジャックやトッドが、”時代の申し子”と呼ばれる由縁であろう。

 「フリート街の悪魔の理髪師」は、普通のミュージカルでもなく、単なるスプラッターでもない、人間の内面に鋭くメスを刺した哀しい、哀しい物語であり、そこに描かれているのはメロドラマなのである。
スポンサーサイト
ミステリー作家の第一人者スティーブン・キングが

描く謎の世界にディップが挑む


シークレット・ウインドウ

製作年度: 2004年 小説家モート・レイニーをめぐる8つの謎とは?
監督: デビッド・コープ 製作総指揮: エズラ・スワードロウ 製作:ギャビン・ポロン 脚本: デビッド・    コープ 原作: スティーブン・キング 音楽: フィリップ・グラス
キャスト: ジョニー・デップ/ジョン・タトゥーロ/マリア・ベロ/ティモシー・ハットン/チヤールズ・S・         ダットン

 物語の始まりは、ひとつの盗作疑惑であった。小説家モート・レイニー(ジョニー・デップ)の生活は、戸口に立つ男の「お前は俺の小説を盗んだ。」という一言から、崩れ始めた。男の名前は、山高帽をかぶったジョン・シューター(ジョン・タトゥーロ)、自分が執筆したという原稿の束を残していった。
レイニーは、妻エイミー(マリア・ベロ)に浮気され、別居中で離婚協議による疲労のため、公私共にスランプに陥っていた。
 小説家が売れ、世間に名が知られると誰かがちょっとしたトラブルを持ち込んでくる事は、よくある話である。男が残していった原稿のタイトルに、レイニーは覚えがなかった。しかし、紙面に目を落すと、それは彼が書いた文章だった。
 再びシューターがレイニーの前に姿を現し、「あれは俺が先に書いた。」と、言い寄る。レイニーが、”秘密の窓”を執筆したのは、1994年の暮れで、翌年6月に雑誌”エラリー・クィーン・ミステリー・マガジン”に掲載されていた。しかし、シューターは「別れた女房からその雑誌を送らせて証明しろ。」と脅し、警告のためレイニーの愛犬を刺し殺した。

 レイニーは、探偵をしている友人ケン・カーシェ(チヤールズ・S・ダットン)に調査を依頼する。シューターの顔はレイニーしか知らないが、彼とシューターとが話している所を車で通りかかったトムに会う事をカーシェは決める。
 翌日、別居中のエイミーの家が全焼し、証拠となる雑誌は灰になってしまった。さらに、シューターの目撃者トムと探偵カーシェも殺された。シューターがレイニーに要求してきた事は、小説の結末を書き換え、シューターの名前で再出版せよというものであった。

 レイニーを演じるデップは、一見、何の変哲もない作家の役をこなしているようにも思えるが、謎が解けてくるにつれ、彼の演技の醍醐味が出てくる。この作品は、盗作疑惑の脅迫により追い詰められていく人気作家の苦悩を描いたミステリーであるが、レイニー自身を知る上で、以下の8つの謎が散りばめられている。
1.”秘密の窓”は、どうやって盗作されたのか?
2.1日16時間の睡眠。レイニーは眠り続けていただけなのか?
3.レイニーが、1人だけの時にシューターが現れるのは何故?
4.レイニーが眠っている間にだけ、すべての事件が起きるのは何故?
5.殺されたトムがシューターを目撃しなかったのは何故?
6.レイニーはタバコを吸わないのに、店員がタバコを勧めるのは何故?
7.出版社から送られてきた昔の雑誌の小説ページが切り取られていたのは何故?
8.レイニーがシューターの山高帽をかぶっているのは何故?

 この8つの謎の中に、この作品の結末が予告されている。そして、作品のタイトルになっている「シークレット・ウインドウ」の意味が。実に計算されている。スティーブン・キングのミステリー&恐怖の世界をデップは堂々と、そして緻密に演じているのである。場面の一コマも見落としてはならない。所々に伏線が貼られているのだからーーー。

 妻に浮気されて、山小屋に閉じこもり、スランプに陥りながらの執筆活動。妻の浮気相手への憎悪を剥き出しの不気味な雰囲気。盗作を言いつのるシューターへの脅え方、周囲の人間に接するおどおどした態度。いかにも危なっかしい。デップ自身が、こうしたアブなっかさをスクリーンに登場させている。だから、観客は彼に感情移入してしまう。デップはどんな人間にも変身でき、その人間になりきってしまうが、色んな性格をもちあわせる多面的な稀有な役者である。おそらく、偏執狂的なほどの凝り性で、こよなくダークな世界やユーモアを好む一方、ロマンチストさをも持ち合わせている。
史上最も悪名高い連続殺人犯、切り裂きジャック

フロム・ヘル

製作年度: 2001年 ヴィクトリア朝末期のロンドンに実在した、謎の殺人鬼切り裂きジャックをめぐるミステリー 
監督: ヒューズ・ブラザーズ  製作総指揮: エイミー・ロビンソン/トーマス・M・ハーメル/アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ  
製作: ドン・マーフィー/ジェーン・ハムシャー   原作: アラン・ムーア/エディ・キャンベル
脚本: テリー・ヘイズ/ラファエル・イグレシアス  音楽: トレヴァー・ジョーンズ
キャスト: ジョニー・デップ/ヘザー・グラハム/イアン・ホルム/ジェイソン・フレミング/ロビー・コルトレーン/レスリー・シャープ/スーザン・リンチ/カトリン・カートリッジ/イアン・リチャードソン/アナベラ・アプション/ジョアンナ・ペイジ/マーク・デクスター

 1888年の秋、彼は10週間に5つの儀式的で凄惨な殺人を犯し、ロンドンの街を恐怖に陥れた。
スコットランド・ヤードの必死の捜査にも拘らず、事件は迷宮入りとなり、未だにその正体は謎に包まれている。

この「切り裂きジャック」を題材とした映画は、これまでにもいくつか作られてきているが、いくつもの犯人説が取り沙汰されている。1970年代には、王室に端を発する陰謀説まで飛び出して、人々を震撼させた。
実際にあった話だが、多くのミステリーに包まれている。

”フロム・ヘル”は、1999年にアラン・ムーアが発表したグラフィック・ノベルである。映画はこれをベースにしながら、伝説的な物語に緊張感溢れる心理描写を加え、凍りつくような恐怖の事件の謎を解き明かしていくスリラー・サスペンスとなっている。

1888年、ロンドン下町のホワイトチャペルで、5人の娼婦が次々と残忍な手口で惨殺される。喉を切り裂かれ、ダークな画面に迸る真っ赤な血。カメラワークも残酷だ。狙われるのは娼婦ばかり。事件の直後に自殺した教師や、娼婦を憎んでいたユダヤ人、ロシア人の殺人マニアなど、容疑者は15人以上にものぼったという。遺体から内臓が正確に切り取られている事から、犯人は解剖学の専門知識を有する者だとか、外科医だとか、ヴィクトリア女王の孫、クラレンス侯爵が容疑者だという説まで飛び出している。

 5人の娼婦の死体の場所が、犯人につながる重要な位置関係にある事が示されている。殺人現場は、すべて貧しい下町である。容疑者が裕福な人間だという可能性は当局によって拒否され、社会の病癖はすべて下層階級の責任とみなされていた時代であった。

 2年前に妻子をなくし、アヘンでその苦しみから逃避しているアバーライン警部(ジョニー・デップ)は、娼婦の連続殺人事件を担当する。聞き込みを続ける中、赤毛の美しい娼婦メアリ(ヘザー・グラハム)に惹かれ、やがて二人は愛し合うようになる。
メアリの仲間の娼婦が次々に殺害され、残るはメアリ一人。果して、アバーラインはメアリを守る事が出来るのか?

 どこか翳りのあるデップが、妻子を失った警部役を見事にこなしている。暗くて深い瞳の奥に憂いと知性を湛えて、静かな存在感を示している。貧しさゆえ、娼婦になるしかなかったメアリとのほのかな悲しいラブロマンスも生まれている。

 映画は、世紀末ヴィクトリア王朝の時代背景の中に秘密結社の存在、ゆがんだ格調高さをも演出している。デップが、ミステリアスな雰囲気を醸し出している事は言うまでもない。「切り裂きジャック」は、20世紀前の貧しく、退廃した時代の申し子であろうか?
悪魔の書を探す本の探偵役を演ずるデップ

ナインス・ゲート


製作年度: 1999年  暗黒世界に呑まれていく本の探偵の姿を描いたオカルト・サスペンス     
監督: ロマン・ポランスキー  製作: ロマン・ポランスキー  原作: アルトゥーロ・ペレス・レベルテ
脚本: アンリック・ユルビズー/ジョン・ブラウンジョン/ロマン・ポランスキー  
音楽: ヴォイチェフ・キラール 
キャスト: ジョニー・デップ/フランク・ランジェラ/レナ・オリン /エマニュエル・セニエ/バーバラ・ジェフォード/ジャック・テイラー/トニー・アモニ/ジェームズ・ルッソ/ホセ・ルイス・ロペロ


 悪魔の研究家としても名高い収集家ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)の依頼を受け、稀覯書発掘人である本の探偵ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)は、1666年発表の伝説の悪魔祈祷書『影の王国への九つの扉』を探すことになった。世界に3冊しか現存しないというこの本の1冊を入手したバルカンは、コルソに残る2冊を見つけて真贋を鑑定してほしいというのだ。

 世界に3冊しかない「悪魔の書」を探してコルソが訪れる、ニューヨーク、トレド(スペイン)、シントラ(ポルトガル)、パリなどが、ヨーロッパの風光明媚な風景に独特の陰影を加えてスクリーンに映し出され、いかにもミステリーの舞台にふさわしい雰囲気を演出している。
本の所有者の住居も、本物の城や退廃した貴族の屋敷であり、それらも独特の重厚感や幻想的な雰囲気を醸し出している。
 コルソに付きまとう謎の女性の正体とその目的は?
彼は、書に隠された秘密の鍵を手に入れるが、本の所有者が次々殺され、謎は深まるばかりである。

 悪魔崇拝の儀式やら、常識では理解出来ないシーンも多く、謎が謎として解き明かされぬままラストを迎えるなど、消化不良的要素は強いが、ロマンスキーの演出とデップの鬼気迫る演技とは一見の価値があろう。
理屈では割り切れぬ作品である。
バートン&デップコンビの第3弾

スリーピー・ホロウ


製作年度: 1999年 伝説の首なし騎士による連続殺人事件に挑む捜査官を演じるデップ   
監督: ティム・バートン  製作総指揮: フランシス・フォード・コッポラ/ラリー・フランコ
原作: ワシントン・アーヴィング  脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー 音楽:ダニー・エルフマン
キャスト: ジョニー・デップ/クリスティーナ・リッチ/ミランダ・リチャードソン/マイケル・ガンボン/キャスパー・ヴァン・ディーン/イアン・マクダーミッド/クリストファー・リー/クリストファー・ウォーケン

 ニューヨーク郊外の呪われた村「スリーピー・ホロウ」で起きた謎に満ちた連続殺人事件。被害者は皆首を切られ、しかもその首は行方不明。犯人は?そしてその目的は?何故首が?

 この不可解なミステリーホラーの原作は、ワシントン・アーヴィングの古典『スリーピー・ホローの伝説』である。
原作は読みごたえのあるミステリーサスペンス&ホラーで、これを鬼才ティム・バートンが映画化した。製作総指揮は、フランシス・フォード・コッポラ。主演は、連続殺人事件に挑む捜査官役のジョニー・デップと、何とも豪華な顔ぶれである。謎解きの面白さを存分に味あわせてくれる。

 ときは1799年。ニューヨーク市警のイカボッド・クレーン(ジョニー・デップ)が、連続殺人事件の起こった村「スリーピー・ホロウ」にやって来る。古くからの恐ろしい因習に囚われた村の人々は、犯人がかつてこの村で首を切られた騎士の亡霊だと信じていた。
村を仕切る長老たちの怪しげな行動、森の奥深くにそびえ立つ「死人の木」、そして、実際に姿を現した「首なし騎士」。クレーンはやがて、「首なし騎士」の背後にいる黒幕の存在を嗅ぎつける。しかし、村人たち全員が血縁関係にあるというこの村では、調べれば調べるほど、すべての人間が怪しく見えてくるのだった。

 この作品は、不気味な雰囲気を強調するコントラスト鮮やかな背景に、衣装の色彩を強調した美しい映像から成り立っている。ゴシック的な雰囲気の中に、アート的感覚と娯楽性が見事に調和している。

 森の奥深くでクレーンは、「死人の木」を発見するが、この木は「首なし騎士」の休息の場所であり、この世とあの世の境界線になっている。
 息を飲むシーンは、首を切られて死んでいく村人たちだ。これまで見た事のない首の切られ方であった。

 「首なし騎士」は、アメリカ独立戦争時に、頭を失った騎士の亡霊がスリーピー・ホロウを馬で駆け抜けて行くという伝説で、ディズニーにも登場する古典的キャラだが、この非現実性を現実に起こりうるという気になって来る。
自分は、物語の展開を全く読めなかったが、現実と非現実の境界線を見事に演出している作品と言える。
バックの美しい音楽と背景の映像が、より恐怖感を煽り、神秘的な世界へ観客を誘うであろう。

 見る者を古典的伝説の世界に入り込ませるこの作品は、怪奇映画なのか、ミステリー、サスペンス、ホラー、はたまたファンタジーなのか、それらのジャンルでは括れない、風変わりな印象深い作品である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。